婚約指輪の納期ってどのぐらい?手元に届くまでどれぐらいかかる?

婚約指輪の納期ってどのぐらい?手元に届くまでどれぐらいかかる?

みんなの悩み
2018.06.28

1,245views

一般的に婚約指輪や結婚指輪の納期はどれくらい?

刻印をいれる場合の納期

婚約指輪にしても結婚指輪にしても、既製品であれば購入から納品までに2週間~1ヶ月をみておくのがおすすめです。
というのも、婚約指輪や結婚指輪はリングの内側にイニシャルや日付などの刻印をするケースが多く、刻印を施してからの受け渡しとなるからです。

即日で指輪を受け取れるケースは少ないので、急いでいる場合には交渉が必要です。刻印無しの婚約指輪で問題がなければ、事前に種類とサイズを確認し、在庫を確保してもらうようにしましょう。
ちなみに、無料で刻印サービスを受け付けているお店も多いのだそう。
気になる方はぜひチェックしてみてください。
では次に、セミオーダーやフルオーダーなど、カスタマイズする場合の納期について確認していきましょう。

セミオーダーの場合の納期

セミオーダーは、複数のデザインパターンから好きなものを選び、それらを組み合わせて注文する方法です。
例えば、素材・リングのデザイン・ダイヤモンドの大きさ・カラーストーンの有無など、さまざまなパターンを組み合わせることで、自分好みのブライダルリングを手に入れることができます。

セミオーダーの婚約指輪や結婚指輪の場合は、注文から受け取りまでに1ヶ月~2ヶ月程度の時間がかかります。途中で修正や変更などをしたいときには、さらに納期が延びます。大事なイベントで使う予定があるなら、時間に余裕をもって2ヶ月以上前にオーダーを済ませておきましょう。セミオーダーのリングは「フルオーダーにしたいけど予算が合わない…」という方や、「こだわりもあるけど時間がない…」という方にもおすすめです。

フルオーダーの場合の納期

フルオーダーの場合は、デザインの提案からスタートします。
使う素材や宝石、デザイン次第で見積もりが変わるため、打合せをしっかり行い、予算・納期を明確にしてからオーダーをしましょう。
基本的に見積もり提案までは無料ですので、オーダー内容が予算内に収まるかどうか、気軽に確認できます。

プロのスタッフが好みやオーダー内容をヒアリングし、店舗にあるリングデザインと見比べながらイメージを固めていきます。デザイン案や実物を見ながら、具体的に決められるのはうれしいポイントですよね。
ここでどれだけ時間を費やすかで納期は大きく変わりますが、スムーズに行けば2ヶ月程度で受け取ることも可能です。

ただ、製作途中でリングの原型をチェックしたい場合は、その分時間がかかります。規定回数内であれば修正を無料で受け付けてくれることが多いので、納得できるまで妥協せずにチェックをしてみるのもいいでしょう。
そのため、余裕を持って準備を進めることが大切です。フルオーダーのリングはアフターサービスも充実していることが多く、末永く使っていきたいと考えている方にもおすすめです。

プロポーズや結婚に向けて、指輪の準備は計画的に

婚約指輪や結婚指輪は一生モノなので、一般的なリングと比べて高価です。
パートナーに似合う指輪を選ぶのが一番ですが、高価なものであれば慎重に選びたいものですよね。急いで購入して失敗してしまわないよう、なるべく早めに準備を進めておくことが大切です。プロポーズを決めたら、あるいは結婚を決めたら、まずは指輪の準備からスタートさせましょう。

セミオーダーやフルオーダーなどのオーダーリングを検討している方は、店舗に足を運んでから後悔が無いように、あらかじめインターネットなどで納期やデザイン、アフターサポートなどを確認しておくと心配もないですね。

オーダー前に準備しておくべきもの

婚約指輪をオーダーする前に、リングゲージなどサイズ測定器を準備しておくと便利です。リングゲージは、穴に指に通して指のサイズを測れるグッズです。
わざわざお店で測ってもらわなくても自分で簡単にサイズ確認ができるので、オーダーをする時もスムーズに進むでしょう。左手の薬指をリングゲージにはめて、ぴったりはまるサイズを選びましょう。
また、指ではなくリングのサイズを測るリング棒というものもあります。すでに愛用しているリングがあれば、そのリングを通すことでサイズを測れるというもの。自分が使っているリングを測って、たとえば9号なら9号サイズの婚約指輪を選べばOKということがわかります。使いやすい方を選びましょう。

婚約指輪はいつまでにオーダーするべき?

意外とオーダーしてから納品までに時間がかかる婚約指輪。その場で既製品を受け取るだけの普段の買い物とは大きく異なり、こだわりのデザインを選んだり、刻印を頼んだりする分だけ時間がかかります。

それではどれくらいの期間がかかるかというと、婚約指輪の種類によって納期は変わってくるのが実情です。そのため、パターン別に目安をお伝えします。

【1】既製品の場合

既製品はもっとも納期が短いもの。すでに決められたデザインから好みの婚約指輪を選び、指のサイズを伝えるだけで注文完了です。ダイヤモンドの大きさやクオリティも決まっているので、サイズさえわかればだれでも購入可能なのが便利なポイント!

あまりこだわりがない方や、既製品の中に最高にタイプな「運命のリング」が見つけられた方におすすめの選び方です。それに既製品と言っても、どれもプロのデザイナーが緻密に計算して作り上げた指輪なので完成度の高さはピカイチ。特にハイブランドは既製品を多く取り扱っている傾向があるので、憧れのブランドで指輪を手に入れたい方にもピッタリです。

納期は1ヵ月前後が目安。店舗に在庫があれば即日納品されることもあり、急いでいる方は既製品から選ぶと良いでしょう。

【2】セミオーダーの場合

元々あるデザインをベースにしつつ、カップルで相談して好みのアレンジを加えながら婚約指輪を作る人気のオーダー方法です。好みのデザインでテイストを固めながらも、細かい部分は自由に調整できるので、結果的には手軽にオリジナルリングを手に入れることができる便利さが人気の理由。0から考える必要がない分それほど手間がかからないので、忙しい方でも世界にひとつだけのリングを手に入れることができます。

もちろん、素材も好きなものを選ぶことができます。元々のデザインがプラチナになっていても、ゴールドに変更したりふたつの素材を使って作ったりと自由にカスタマイズすることができるのです。主役となるダイヤモンドの大きさを変えたり、小さなメレダイヤモンドをプラスすることも可能!

「既製品を選ぶのは味気ないけど、フルオーダーを選ぶ時間的余裕や予算がない」という方におすすめの方法です。また、フルオーダーよりも出来上がりが想像しやすいので、出来上がった時に「ちょっと想像と違った……」と素人ならではのミスに陥るリスクも少ないでしょう。

納期の目安は1ヵ月半。少し余裕を見てオーダーしておくと安心です。

【3】フルオーダーの場合

「時間も手間も惜しまず、最高に理想通りのリングを手に入れたい!」と考えている方にはフルオーダーがおすすめです。フルオーダーは0から自分たちでデザインを考えていきますが、当然プロのジュエリーデザイナーが同席し、ふたりの希望をヒアリングしながらデザインを提案してくれます。

目の前でデザインを描き起こしてくれることもあり、着々と理想の婚約指輪が出来上がっていく姿を見らのは至福の時間。じっくりと時間をかけながら、世界にたったひとつの運命のリングを手に入れることができるのです。自分の指に合うデザインも相談できるので、最高に相性のいいリングが誕生することでしょう。

ただし、納期は2ヵ月から3ヵ月ほどかかります。プロポーズから逆算して準備しておかないと、泣く泣く断念せざるを得ないことになるかもしれません。くれぐれも準備はお早めに!

婚約指輪の代わりにプロポーズリングを使うという手も!

婚約指輪はプロポーズと一緒に渡されたい、と多くの女性が考えていますが、サプライズプロポーズをする場合に準備が難しいのが悩みどころです。彼女の希望を聞きたいけどプロポーズ前に聞いたらプロポーズすることがバレてしまう……と頭を抱えている男性は多いもの。

そんな悩みを踏まえて、最近はプロポーズ用のリングが多く販売されていることをご存知でしょうか?さまざまなジュエリーショップでプロポーズ専用の「プロポーズリング」が用意されていて、ダイヤモンド付きのリングをあらかじめ買っておき、プロポーズ後にふたりで来店すれば理想の婚約指輪に変えてもらえるというものです。

これならノーリスクでプロポーズ用のリングを用意することができ、最終的には彼女が納得できる最高のデザインのリングを手に入れることができます。サプライズプロポーズをしたいと考えている方は、プロポーズリングを活用してはいかがでしょうか?

参考URL:https://www.iprimo.jp/propose/proposesupport/proposering/

プロポーズ用リングを販売しているブランド

【1】アイプリモ

アイプリモの「PERFECT PROPOSE RING」はプロポーズ専用のリング。女性人気が高いシンプルな王道デザインの「シリウス」をプロポーズリングとして用意していて、予算に合わせてダイヤモンドを選べます。プラチナのみ選べるので、そこだけ注意してください。
そして「PERFECT PROPOSE RING」でプロポーズをして無事成功したら、ふたりでいっしょに店舗へ向かいましょう。センターダイヤモンドはそのままに、好きなデザインに変更できます。もともとはストレートのリングですが、太さを変えたりコンビネーションリングにしたり、ウェーブラインのリングにしたりと自分好みの婚約指輪を手に入れられるので、リスクゼロ!約60型から選べるので、理想の婚約指輪が見つかるはずです。

【2】ケイウノ

ケイウノにもプロポーズ応援プランとして「プロポーズリング」が用意されています。また、プロポーズリングだけでなく、ダイヤモンドの原石だけでのプロポーズも可能!プロポーズの後にデザイン変更をお願いできるので、相手の好みのリングデザインがわからなくても安心です。
また、プロポーズリングは最初の段階でコンビネーションリングやウェーブラインのリングなど、個性豊かな3種類から好きなリングデザインを選べます。さらに、デザイン変更時はオーダーメイドのデザインも可能!見積もりは無料なので、無事プロポーズに成功したらぜひ検討してはいかがでしょうか。

【3】銀座ダイヤモンドシライシ

銀座ダイヤモンドシライシからは、なんと業界初のサイズ調整可能リングがプロポーズアイテムとして登場!台座付きでサイズ調整ができるので、プロポーズ時にサイズが分からなくてもぴったりのサイズにその場で調整できます。
まずはダイヤモンドを選びましょう。予算に合わせて好みのダイヤモンドを選んだら、サイズ調整可能な「スマイルプロポーズリング」にダイヤモンドを留めます。さらにスマイルプロポーズリングはカラーストーンもつけることができ、ホワイトストーンやピンクアメジスト、ブルートパーズから好きなものを選べます。個性も宿した婚約指輪に!

【4】エクセルコダイヤモンド

エクセルコダイヤモンドにもサプライズプロポーズプランがあり、ダイヤモンドだけ選んでプロポーズリングを用意することができます。もちろんプロポーズにデザインの変更ができるので、安心してサプライズプロポーズに臨めます!
まずは来店予約をしてダイヤモンドを選んだら、ダイヤモンドをプロポーズ用リングにはめます。シルバーのシンプルなリングなので、いかにもプロポーズ向き。しっかりボックスに入れて、箱パカのロマンあふれるプロポーズを!その後ふたりで店舗に行き、好きなデザインに変更しましょう。

【5】ヴァンドーム青山

ヴァンドーム青山にも後からデザイン変更できるプロポーズ専用リングが用意されています。なんといってもそのルックスが抜群にかわいく、小さなハート形のカードに「will you marry me」のメッセージが入っていて、女性はキュンとすること間違いなし!口下手な方でも安心してプロポーズできます。
さらに、大粒のダイヤモンドをイメージして作られたフォルムはフォトジェニックでインスタでも話題。シルバーの細いアウトラインでダイヤモンドの形を表現し、その中にはキュービックジルコニアが輝きます。ロマンチックな演出をしたいならおすすめのアイテムです!

婚約指輪にもさまざまなオーダー方法があり、こだわればこだわるほど早めの準備が必要です。急いでいる方は取り急ぎプロポーズリングを用意して、あとから彼女とゆっくり好みの婚約指輪を探すのが良さそうです。なんにせよ、婚約指輪は余裕を持って準備しておきましょう!

関連記事はこちら