今さら聞けない!婚約指輪と結婚指輪の違いや意味とは?

今さら聞けない!婚約指輪と結婚指輪の違いや意味とは?

結婚を前提に付き合っている彼女に対して、いよいよプロポーズを控えているあなた。
きっと緊張の中でどんな言葉を彼女に捧げようか思い悩んでいることでしょう。
そしてプロポーズに欠かせないのがエンゲージリング、つまり婚約指輪です。
この婚約指輪を用意するにあたって、一般的な男性たちはどんな婚約指輪を用意しているのか、また、どのくらいの費用をかけているのか、気になるところですよね。
そもそも、「婚約指輪と結婚指輪って別々に用意しなければならないの?」という方もいるかもしれません。
そんなあなたへ、今さら聞けない、婚約指輪の基本的なことや、結婚指輪との違い、デザインや費用相場などを紹介します。

婚約指輪と結婚指輪って何が違うの?

結婚する時に用意すべき指輪は2種類あります。
婚約指輪と結婚指輪です。

婚約指輪とは?

婚約指輪は、これから結婚することを誓う指輪です。
結婚の約束をした男女間で、男性から女性に対して贈られる指輪です。
婚約の証や記念品として扱われることが多く、ダイヤモンドなどの純潔で高価な特別感のある石を使用したものを選ぶのが一般的です。
どちらかといえば普段つけるものというよりは、パーティーや式典などの際に映えるゴージャスで華やかなデザインになります。

女性が婚約指輪をつけていると、周囲から「おめでとう」と祝われることが増えますし、異性から声をかけられることも減るでしょう。
パートナーが心配性の場合、浮気防止のために婚約指輪をつけるというケースもあるそうです。
また、育休や産休などの取得に向けて職場で結婚する予定を印象付けたい女性にとっては、職場でも身につけることで「これから結婚します」という意思表示にもなります。上司に自分から伝えにくいという人は、まず婚約指輪を付けて周囲に「実は結婚が決まったんです」というように話をして土台づくりしてから相談するといいでしょう。

結婚指輪とは?

結婚指輪はその名の通り結婚の証となる指輪のことです。
結婚する男女間で、結婚式において二人の誓いの証として交わされます。夫婦となった結婚後も、お互い日常的に薬指にはめて生活することを前提とすることが多いので、飾りは控えめでシンプルなものが一般的となっています。
 
「私は既婚者です」というメッセージになるので、一目見るだけで「結婚しているんだな」と思われます。結婚式の指輪交換で使うこともあり、ほとんどの夫婦が購入しています。

婚約指輪と結婚指輪、つける指と順番は?

婚約指輪も結婚指輪も、基本的には左手の薬指にはめるのがセオリーです。
結婚するまでは婚約指輪を右手の薬指につける、という方もいますが、迷ったときは左手の薬指につければOKです。
右手の薬指や、他の指につけているとファッションリングと勘違いされてしまいます。必ず左手の薬指につけなければいけないわけではありませんが、特別な理由がなければ左手の薬指にはめると良いでしょう。
重ねづけをする場合は、一般的に結婚指輪を先につけ、その上に婚約指輪をつけます。

婚約指輪と結婚指輪の相場の違い

人にはなかなか聞けない、婚約指輪と結婚指輪の相場を紹介します。

参考:婚約指輪の値段相場はいくらぐらい?年代別に徹底調査!

一般的に婚約指輪の値段相場は平均35万円程度、20万~40万円ぐらいの幅があるといわれています。だいたい給料の1ヶ月分〜2ヶ月分といった感じです。

一方、結婚指輪の1本の値段は5万~15万円が相場で、ペアで10万~30万円程度が平均だといわれています。

この婚約指輪の値段は、ダイヤモンドの品質や大きさ、デザインなどによって変わってきます。ダイヤモンドのグレードが高ければそれだけ予算が必要ですが、より強く、深く彼女への愛情を表現したいのであれば、できるだけグレードは下げたくないところです。

婚約指輪の基本的なことを押さえたら、今度は婚約指輪の選び方などもチェックしておきましょう。

また、婚約指輪は結納や顔合わせの際などにはぜひとも披露したいところ。遅くとも結納や顔合わせの1ヶ月前までには婚約指輪を手元に用意しておきたいところです。

婚約指輪と結婚指輪、デザインのトレンドは?

【1】シンプルなデザイン

最近はシンプルで洗練されたデザインがトレンド。あまりごてごてしているものよりも、ストレートラインだったりモダンなウェーブラインだったりと、スマートな印象を与えるリングが選ばれています。

【2】イエローダイヤモンドが話題

さらに、一般的なダイヤモンドに留まらず、カラーストーンをあしらってさりげなく個性をプラスする人も増えてきました。最近特に注目されているイエローダイヤモンドはゴールドと同系色でバランスも良いので、ファッションセンスの高い花嫁から人気を集めています。ファンシーな印象で、ふだんの服装にもアクセントを添えてくれるのが特徴です。

【3】3粒ダイヤモンド

ハリー王子の婚約者メーガン・マークルが火付け役になり、クラシカルなデザインながら再熱しつつある婚約指輪のデザインが3粒ダイヤモンド。センターダイヤモンドの両サイドを小粒のダイヤモンドで支えるようにしてあしらい、ダイヤモンドの輝きをより一層引き立てます。
目立ちすぎないながらゴージャスな雰囲気にもなり、パーティーシーンなどでもマッチする婚約指輪が手に入ります。両サイドのダイヤモンドをカラーダイヤモンドにすれば異なる色合いを楽しむこともでき、彩り豊かな婚約指輪にすることもできるでしょう。

関連記事はこちら