ティファニー?カルティエ?やっぱり高級ブランドの婚約指輪を買うべきなの?

ティファニー?カルティエ?やっぱり高級ブランドの婚約指輪を買うべきなの?

みんなの悩み
2018.07.26

11,548views

婚約指輪は30万円以上のものを選ぶカップルも多く、ブランド選びに悩みがち。いつもは高級ブランドに手を出さない方も、高級ブランドを検討することが多いです。
そこで「婚約指輪はやっぱりブランドものを買った方がいいの?」と悩む方に向けて、失敗しないブランド選びのコツをご紹介!高級ブランドのメリット・デメリットもお伝えします。

婚約指輪はやっぱりブランドものを買った方がいいの?

ゴールド婚約指輪

婚約指輪とは、婚約の証として男性が女性へ贈るものです。プロポーズの時にプレゼントすることが多く、相場が30~40万円と高価なのでブランド選びに迷う方も多いでしょう。
「ふだんは高級ブランドのアイテムをあまり買わないけど、婚約指輪は高級ブランドの方がいいのかな?」
と悩む方もいますが、高級ブランドの婚約指輪でなくても大丈夫。憧れのブランドがあるならそこで選びたいところですが、高級ブランド志向を持っていないなら自分の気に入った婚約指輪を買うのが一番です。

高級ブランドの婚約指輪のメリット

【1】知名度が高く自慢できる

高級ブランドは知名度があるので、周囲から「婚約指輪はどこで買ったの?」と聞かれた時に答えやすくうらやましがられることも多いです。
そのため、「わーすごい!いいなあ」と言われてうれしく思う方も多いようです。お金に余裕があってこだわりがなければ、高級ブランドから選ぶのもいいでしょう。自分の好みよりも周囲からの評判を優先したい方にもおすすめです。

【2】店舗数が多いので買いやすい

高級ブランドは店舗数が比較的多いので、百貨店に入っていることもありますし、路面店も多くあります。そのため市街地には店舗がある確率が高く、買いに行きやすいのもメリットです。
できれば婚約指輪は自分で見て、試着して選んだ方が良いので、行きやすい場所に店舗があれば婚約指輪選びがしやすくなるでしょう。

高級ブランドの婚約指輪のデメリット

【1】コストパフォーマンスが良くない

高級ブランドにはブランドイメージがありますから、比較的高価な値段で売られています。そのため、一般的なブランドよりもコストパフォーマンスは落ちます。
同じクオリティの婚約指輪が、他のブランドであれば数万~数十万円も安いこともあるでしょう。特にダイヤモンドは高価な宝石ですから、美しいダイヤモンドを賢く手に入れたいと言う方には向いていないかもしれません。

【2】キャンペーンやセールが少ない

やはりブランドイメージを守るために、値引きなどのセールやキャンペーンはあまり行われません。高級ブランドではない方が、期間限定のキャンペーンでリングケースなどの特典がついたり、ダイヤモンドのランクアップが無料でできたり、婚約指輪と結婚指輪のセット購入で割引があったりと、リーズナブルに購入できるチャンスが多いです。
節約派のカップルは、こうしたキャンペーンを活用した方が今後の結婚資金を確保できますから、高級ブランド以外を選んだ方がいいでしょう。

人気の高い「カルティエ」と「ティファニー」

カルティエの特長

カルティエの歴史

「宝石商の王」と呼ばれるカルティエが誕生したのは1847年のこと。フランスのパリに看板を構え、そこから100年以上の月日が経った1988年には、世界中のハイブランドが軒を連ねるラ・ペ通りに移転し、世界的人気ブランドの仲間入りを果たしました。
そこから王室御用達のジュエラーとなり、世界中のセレブやハリウッドスターをも虜にして圧倒的な地位を確立。今では知らない人はいないハイジュエラーとして、ジュエリー界のトップに君臨しています。ジュエリーだけでなく、腕時計や香水なども有名です。

カルティエのデザイン

婚約指輪の「バレリーナ ソリテール リング」は、芸術的な“バレリーナカーブ”が魅惑的!中央のラグジュアリーなブリリアントカットダイヤモンドの四方にメレダイヤモンドがあしらわれ、それぞれのダイヤモンドのまわりを立て爪がしっかり固定することで、ダイヤモンドの光がより一層引き立ちます。ロマンティックさと気品が感じられる、女性らしい優雅な婚約指輪です。
世界で最も早くプラチナを貴金属として採用した実績を持つカルティエですが、プラチナ以外にもピングコールドやイエローゴールドなどバリエーション豊かにラインナップを揃えているので、自分好みの婚約指輪が見つかるでしょう。

カルティエのダイヤモンド

カルティエでは専門家の厳しい目でしっかりチェックされたダイヤモンドだけが選別され、一級品の輝きを放ちます。カラー、クラリティなどそれぞれの項目をしっかりとチェックして、4C基準で最高峰のダイヤモンドをさらに約半数に絞っているとのこと。
遠目に見ても存在感抜群のダイヤモンドは、生涯美しく輝き続けることでしょう。

カルティエの価格帯とアフターサービス

カルティエの婚約指輪の価格帯は10万円前後から数百万円までさまざまですが、相場は20~40万円台です。
基本的なアフターサービスはつや出しやクリーニングなどで、これらのサービスは無料で受けられます。日常的な使用による汚れは、こうした無料のアフターサービスを利用してこまめに落とすようにしましょう。内側の刻印も、購入から3か月以内であれば無料で受けられます。

ティファニーの特長

ティファニーの歴史

ティファニー(Tiffany&Co.)が誕生したのは、1837年。アメリカのジュエリーブランドで、アメリカの宝石商初のヨーロッパ王室御用達ブランドとして地位を高めていきました。
今もさまざまな国の王室やセレブが愛するブランドとして、圧倒的な人気を守り続けています。アイコンカラーであるティファニーブルーの人気も高く、ティファニーブルーのブライダルアイテムも大人気!ジュエリーボックスを置いておくだけでも絵になります。

ティファニーのデザイン

高いセンスを持つデザイナーたちの手によって数々の新作を生み出し、6本の爪でダイヤモンドを支える「ティファニーセッティング」の美しさで世界中の女性を虜にしたのです。誕生から約100年が経った今も、変わらず愛されています。
現在は3名のデザイナーがいて、ティファニーの世界観をしっかりと守っているのも大きな特長。自然モチーフをラグジュアリーに表現するジーン・シュランバーゼ、ヨーロッパの息吹を指輪に宿らせるパロマ・ピカソ、普遍的デザインを洗練された美に昇華させるエルサ・ペレッティの3名が、ティファニーらしい幸福感たっぷりのデザインを生み出し続けているのです。

ティファニーのダイヤモンド

4C基準をさらに上回るダイヤモンド基準によって選び抜かれたダイヤモンドを使用していて、一般的なG.I.Aの鑑定書ではなく独自の基準・プレゼンス(存在感)を採用した「ティファニーダイヤモンド鑑定書」つけているティファニー。一生保証されると言うのですから驚きです。
美しく研磨され、対象にカッティングが施されたダイヤモンドの美しさは見紛うことなき一級品。永遠の愛を誓う婚約指輪にふさわしい輝きです。

ティファニーの価格帯とアフターサービス

ティファニーの婚約指輪の価格帯も10万円前後から数百万円までさまざまですが、相場は10~30万円台です。
基本的なアフターサービスは一般的なクリーニングと購入後6か月以内の刻印で、無料で受けられます。購入した店舗以外でもクリーニングをお願いできるので、気になった時にクリーニングしてもらうようにしましょう。
購入時以外のサイズ直しは有料なので、サイズ確認は入念に!サイズ直しができないデザインもあるので、あらかじめ確認してくださいね。

婚約指輪のブランド選びのポイント

【1】購入後のメンテナンス

婚約指輪は一生ものですから、購入後のアフターフォローとなるメンテナンスがどれだけ充実しているかがとても重要です。保証期間やメンテナンスの内容はブランドによってさまざま。

さらに、婚約指輪のデザインによってもメンテナンスの内容が異なるので、購入する前に「このブランドではどんなメンテナンスができるのか」「この婚約指輪だとどこまで対応してもらえるのか」「どこまでが無料メンテナンスで、どこからが有料メンテナンスか」などを確認しておくと一生キレイなまま婚約指輪を身につけやすくなり、大満足の婚約指輪を手に入れられます。

また、メンテナンスを受ける時の手順も確認しておきましょう。店舗に直接行くなら、店舗が行きやすい場所にあるかどうかも重要です。

【2】自分の理想イメージとブランドイメージが合っているか

ブランドにはそれぞれイメージがあり、婚約指輪のテイストも異なります。やさしいイメージの婚約指輪が良いのか、ラグジュアリーな雰囲気の婚約指輪が良いのか、モダンなデザインの婚約指輪が良いのかなど、自分の理想の婚約指輪イメージと合ったブランドを選ぶと失敗が少なくなります。

ブランドによって得意なデザインや不得意なデザインがあり、得意なデザインの婚約指輪は種類も多いのでより理想に近い婚約指輪を選ぶことができます。婚約指輪のブランドを見比べる時に、「自分のイメージと合っているか」を見極めて、好みの婚約指輪を多く取り扱っているブランドを選ぶのがおすすめです。

【3】スタッフの対応が良いか

アフターフォロー・メンテナンスと同じく、スタッフの対応もサービスの質を決める大きな要素です。せっかく高価な婚約指輪を買うのですから、スタッフの心地いい対応を受けて安心して選びたいところ。口コミなどでスタッフの対応がいいかどうか、顧客満足度を調べてから選ぶのも大切です。

特に、婚約指輪を店舗で選びたい方や、セミオーダーやオーダーメイドの婚約指輪を選びたい方はスタッフに相談するシーンが必ずあるので、その時にしっかりとした対応を受けられるかどうかで購入する婚約指輪も変わってきます。
忙しいからとおざなりな対応をされたばっかりに、あとから「こっちの婚約指輪の方が良かった」「やっぱり違うところで買えば良かった」といった後悔をしないよう、しっかりと顧客対応してくれるブランドを選びましょう。

特にスタッフ対応に力を入れているのがブライダルジュエリー専門ブランドです。ブライダルジュエリーの知識をしっかりと身につけているスタッフが対応し、予約すれば座ってじっくり相談できることも多いので、不安な方はまずブライダルジュエリー専門ブランドで相談すると良いでしょう。

【4】プロポーズ専用リングがあるか

これはサプライズプロポーズをする際にチェックしたいポイント。サプライズプロポーズはロマンチックで定番のプロポーズ方法ではありますが、女性に隠さなければならないため指輪のサイズや好みのデザインをはっきり聞きにくい、といった課題もあります。

こうした課題を解決するのがプロポーズ専用リング。あとからデザインやサイズの変更ができるため、プロポーズ後に彼女といっしょに店舗に行って理想の婚約指輪を選ぶことができ、婚約指輪選びに失敗しません。

こうしたプロポーズ専用リングを扱っているブランドは限られているので、サプライズプロポーズを万全の状態で成功させたい方は、プロポーズ専用リングを扱っているブランドで婚約指輪を購入するのがおすすめです。

【5】結婚指輪とのセット割引があるか

結婚指輪と婚約指輪を同じブランドで揃えたい方は、せっかくならセット購入の割引があるかどうかも確認して選びましょう。セット割引を活用して、お得に婚約指輪を購入できます。

婚約指輪の相場は30~40万円、結婚指輪の相場は合計で25万円前後なので、結婚指輪と婚約指輪で約60万円になり、10%オフだとしたら約6万円コストダウンできます。浮いたお金を今後の結婚資金に充てられるので、賢い購入方法だと言えるでしょう。

また、重ねづけできるセットを販売していることも多いので、同じブランドで揃えれば結婚指輪と婚約指輪を重ねづけして日常的に楽しむこともできます。結婚指輪をつけている時も婚約指輪をつけられるのでコーディネートもワンランクアップ。晴れの日にもぴったりの華やかな指元で出かけられます。

高級かどうかにこだわらず、自分の理想の婚約指輪を選べば一生愛用できる婚約指輪が手に入ります!

関連記事はこちら