• 婚約指輪の失敗談! あなたは大丈夫?

    彼女に婚約指輪を渡すのは、かなり気合いが入ることではないでしょうか。渡すタイミングや場所、渡す時の言葉などはもちろん大事ですが、婚約指輪そのものも大事です。しかし、婚約指輪選びには失敗もよく起きるようです。今回はそんな婚約指輪のよくある失敗談をご紹介します。先人たちに学び、失敗を事前に回避して、彼女を心から喜ばせてあげましょう

    こうなったら最悪! 婚約指輪にまつわる失敗談

    一般的に、婚約指輪を渡した後、彼女の反応がいまいちだったというケースは少なくないようです。とはいえ、その原因はさまざま。

    • 指輪のデザインが彼女の好みと違っていた
    • 指輪のサイズが合わなかった
    • 彼女は結婚指輪と婚約指輪を重ねづけしたいという希望があったのにも関わらず、それがしにくいものを選んでしまった
    • 彼女は一緒に選びたいと思っていたのにも関わらず、勝手に選んで買ってしまった。もしくは、彼女にだけ選ばせてしまった

    このように、彼女の希望通りの婚約指輪を渡すことができなかったという失敗は、二人にとって大きな痛手となってしまうでしょう。しかも婚約指輪は、普段のプレゼントと比較すれば高額なものなので、簡単に買い直しができるものではありません。これから結婚指輪の購入も控えているという時に、それほど余裕もないことでしょう。

    特に「重ねづけしたい」「一緒に選びたい」というのは、相手の女性によって違う願望なので、あらかじめ聞いておいたほうが良さそうですね。

    予算に関する失敗も!

    婚約指輪選びの失敗の他にも、予算に関する失敗も多いようです。例えば、次のようなものが考えられます。

    • 婚約指輪への予算を多めにかけてしまい、結婚指輪にかける予算が少なくなってしまった
    • 指輪や宝石に関する知識がないのをいいことに、勧められるがままに、高価なダイヤのついたものを買ってしまった

    これから婚約、結婚と続いていくなかで、それぞれにかける予算はあらかじめ設定しておくべきです。また、ショップで勧められるがままに、その場の雰囲気に流されて買ってしまったという失敗はあまりに悲しいものです。人生のなかで大きな買い物の一つである婚約指輪ですから、計画的にきちんと予算のラインを決めてショップに行く、事前に指輪や宝石に関する常識を知っておくなどして、しっかりと準備をしたいものですね。

    このように、人の失敗談を知っていれば、自然と避けることができます。彼女の希望をしっかりと聞いたり、事前調査したりと努力を惜しまずに、確実に彼女のハートをゲットできる婚約指輪をプレゼントしましょう!