結婚後に婚約指輪を上手に活用するには?

結婚後に婚約指輪を上手に活用するには?

みんなの悩み
2018.03.15

301views

大粒のダイヤモンドがついた婚約指輪。いつか愛する人から……と夢見ている女性も多いでしょう。でも、実際にもらってみると、残念ながら結婚後、使う機会がなかなかないという声もよく聞きます。でもせっかく旦那様からもらった婚約指輪、もっと陽の目を浴びさせてあげたいですよね。そこで今回は、結婚後の婚約指輪の活用法をご紹介します。

華やかな場をより盛り上げる活用法

タンスの肥やしになりがちな婚約指輪。「もったいないのはわかっているけど、これって、つけていいのは婚約中だけでしょ」なんて思っていませんか? いえいえ、そんなことはありません。結婚後も、友人や親戚の結婚式やフォーマルなパーティーの場など、晴れの日には、おしゃれのワンアイテムとして身につけてOKなんです。きらびやかな婚約指輪を身につけるだけで、シンプルなドレスも一気に華やかに。特に夫婦で出席するフォーマルなイベントにはおすすめです。

またそれ以外にも、いつもより少しおしゃれをして旦那様とデートをするときや、ふたりの記念日にもぜひ身につけてみてください。せっかくプレゼントした婚約指輪、つけていてくれたほうが旦那様もうれしいはず。ふたりでプロポーズの日を思い出したりして会話も弾むかもしれません。

夫婦円満の証としての婚約指輪の活用法

お子さんのいらっしゃるご夫婦であれば、子どもたちの入園式や卒園式など、祝いの席で身につけましょう。祝いの席であれば多少豪華なアクセサリーをつけていても、嫌味にはなりませんし、祝いの席を華やかに演出するのはひとつのマナーとしてもおすすめ。結婚して何年経っても婚約指輪を身につけているというのは、夫婦円満の証でもあるので、穏やかな家庭なんだろうなという印象をあたえることもできます。

同様の意味合いから、旦那様のご実家に行くときに身につけるというご夫婦も多くいらっしゃいます。今でも婚約指輪を身につけているのをみると、旦那様のご両親も、息子の家庭がうまくいっているんだなと安心ですし、自分の子供がそれだけ立派なものを女性に贈ることができるような人に育ったんだという喜びも感じてもらえるものです。

普段も身につけたい場合は?

最後に、ここまでご紹介したような特別な日以外にも婚約指輪を身につけたいという人におすすめの活用法をご紹介します。それは、ネックレスに通して、ペンダントトップとして使うこと。ネックレスにしてしまえば、いつでも身につけられますし、多少立体的なデザインのものであっても邪魔になることなく使うことができます。シンプルなファッションに、華やかさをプラスしてくれますよ。

悩んで選んだ婚約指輪。せっかくなら身につけてもらったほうが、プレゼントした方もうれしいですよね。結婚後もぜひ上手に婚約指輪を活用してみてはいかがでしょうか? とはいえ、旦那様の愛がつまっているものなので、なくさないように気をつけましょう。

関連記事はこちら