念願のプロポーズ!もらった婚約指輪、職場につけていく?つけていかない?

念願のプロポーズ!もらった婚約指輪、職場につけていく?つけていかない?

みんなの悩み
2018.03.19

1,257views

大好きな彼からもらった念願の婚約指輪。片時も肌身離さず身につけてうっとりしていたいものですよね。とはいえ、結婚指輪にくらべて大きめの石がついていたりして、ちょっと目立ちやすいもの。仕事に行く際はどうするのがベストなのでしょうか?

職場にもつけていく派の意見は?

結婚式までの間に、婚約指輪を職場につけていくのがアリかナシか。それぞれの意見をご紹介します。まずはつけていく派ですが、やっぱり大切なものだからこそ肌身離さず身につけていたいという声が多いよう。婚約指輪の大半はダイヤモンドの指輪ですが、そんなダイヤモンドの指輪をつけられる時なんて、婚約期間ぐらいしかないという声もあります。確かに、結婚してから毎日身につけるのは結婚指輪で、誰かの結婚式に出席するなど以外は箱に閉まって眠らせているなんてケースが多いですよね。それを考えると、つけられるときにつけておくべきという意見にも納得です。

職場にはつけていかない派の意見は?

一方、つけていかない派の意見はというと、大事だからこそ失くしたり傷つけたりしたら困る、会社のお局さんの目が怖いという声が多く聞こえます。確かに、普通の指輪よりも目立ってしまうので、結婚していない上司がいる場合などは妬みの対象になってしまったり、「仕事やる気あるの?」なんていやみを言われることも。また、もし万が一失くしてしまった時に、自分と婚約者が悲しい思いをするだけでなく、職場にも迷惑をかけてしまう可能性があります。

ポイントは場の空気を見極めること

結婚指輪を職場につけていくか、つけていかないか。もちろん本人の気持ちもありますが、それ以上に職場の人間関係や仕事内容に合わせて決めるのが一番のようです。職場の男女比や、上司の世代などによって変わってくるので、指輪をつけていってもOKかどうか、その空気を見極めるのが重要です。また、もしつけていくのがNGだと判断したときに、彼から「どうしてつけてくれないの?」と言われたら、「大切なものだからこそ、失くすと困るから。でも毎晩ながめて幸せをかみしめてるよ」などと、伝え方にも気をつけましょう。きっとデートのときにつけていくと喜んでくれるはずですよ。それでも気にする相手であれば、チェーンに通してネックレスにして身につけるのもいいかもしれませんね。

恋人からの愛がつまった婚約指輪。自分が職場へつけていってもトラブルにならないか、きちんと見極めて後悔のない選択ができるといいですね。

関連記事はこちら