• でき婚でもプロポーズは必要? でき婚時の女性の本音

    でき婚でもプロポーズは必要? でき婚時の女性の本音

    「プロポーズする前に妊娠が発覚、いざ結婚へ!」となると、両親への報告や挨拶、結婚式の準備、新居探しなど、やらなくてはならないことが一気に押し寄せてきます。ところで、そんなバタバタなできちゃった結婚の場合も、改めてプロポーズはしたほうが良いものでしょうか?女性の本音はいかに。

    女性はやっぱりプロポーズしてほしい

    急な妊娠・結婚で、きちんとプロポーズもしないまま、結婚準備になってしまったカップルも多くいると聞きます。そのような経験をされた奥さまたちは、実際どう感じているのでしょうか?

    「妊娠がわかり、プロポーズの言葉も特にないまま入籍しました。しばらく経ってから“プロポーズしてほしかった”と言うと、“子どもができていることが、何よりのプロポーズでしょ”と返され、何も言えなくなりました」(27歳・マリたん)

    確かに、子どもを授かったことや、両親へきちんと挨拶に行ってくれたことが、何よりの誠意であり、愛の証しだとは思いますが、プロポーズはそれとは別もの。こんな返され方をしたら、イラッとしてしまう女性も多いのでは?

    「長く同棲していた彼と、できちゃった結婚。長く付き合っていたこともあり、結婚するタイミングがわからなくなっていたので、逆によい機会でした。でも今思えば、付き合っていた年月に関わらず、プロポーズの言葉とともに婚約指輪をもらうという典型的な経験をしたかったなあと思います」(35歳・香織)

    長く付き合っていると、その安心感と信頼関係から、意外となあなあになりがちなのかもしれません。でも、長い付き合いだからこそ、節目にはビシッときめることが大切なのかもしれません。

    「できちゃった結婚だったので、そのままの流れでとんとん拍子に入籍し、今は子育てに奮闘中。でき婚だし、プロポーズがなかったのは当たり前か~と特に気にしていなかったのですが、周りのママ友に聞いてみると“きちんとプロポーズされた”という人が圧倒的に多くてびっくり!なんだか自分が惨めに感じてしまいました」(31歳・ミク)

    ウチはそんなもんだよな~、と特に気にしていなかったとしても、後々周りの話を聞いて「わたしもそんな経験したかった」「そんな思い出がほしかった」と思う方も多いようですよ。

    「妊娠したことを親に報告すると“早く結婚しなさい”と促され、両家両親にどんどん進められた感じで入籍。その後育児などで慌ただしく過ごしていましたが、子どもが大きくなり、“ママが結婚するときは、パパに何て言われたの?”と聞かれ、ハッとしました。子どもに説明できないなんて、やっぱり悲しいかも」(36歳・チーコ)

    子どもの言葉にハッと気付かされ、しかも説明できないなんて、確かに悲しい。「パパはこんなふうに言ってくれたんだよ」と勇姿を語ってもらうためにも、男性はきちんとプロポーズしたほうが良いかもしれませんね。

    機会を逃さないことがたいせつ

    「もともと結婚を考えていた彼との間に子どもを授かり、できちゃった結婚。妊娠中に結婚式を挙げたのですが、その際式場のスタッフの方に“プロポーズはいつ、どんな言葉でしたか?”と聞かれ、“そういえばされていない!”と気付きました。でも、結婚披露宴のときにサプライズで公開プロポーズをしてくれて、とてもよい思い出になりました」(29歳・みぽりん)

    プロポーズの機会を逃してしまったまま、これから式を挙げる方には参考になりますね。妊娠がわかると、改めてプロポーズをする機会を逃してしまう男性も多いよう。もちろん結婚前にプロポーズができればいちばんよいですが、できなかった場合、前述のように結婚式のなかで機会をつくったり、出産後に「結婚してくれてありがとう」と贈り物をしたりするなど、きちんと気持ちを伝える機会があったほうがよいでしょう。

    女性は、プロポーズのシーンや言葉を一生忘れないそうです。そして、そのときのことを思い出して、嫌なことや辛いことを乗り越えるという方もたくさんいるのだとか。やはり、できちゃった結婚であっても、きちんとプロポーズはしておいたほうが良さそうですね。