プロポーズをする意味ってある?しなかった場合の女性の反応は?

プロポーズをする意味ってある?しなかった場合の女性の反応は?

プロポーズの鉄板ノウハウ
2018.03.25

1,361views

結婚前の一大イベントといえば「プロポーズ」。女性は小さい頃からおとぎ話で目にすることが多く、憧れのイベントになっています。一方で、男性からするとピンとこないこともありますよね。そこで、今回はプロポーズをする意味と、プロポーズされなかった場合の女性の反応についてご紹介します。

そもそもプロポーズとは?なぜプロポーズは必要?

プロポーズとは、結婚の申し入れをすること。そこでOKをもらえれば、婚約成立となります。映画などで男性が跪いて、女性に指輪を差し出すシーンがよくありますよね。それだけプロポーズはドラマチックな瞬間です。

プロポーズの目的は婚約すること。お互い結婚して、一生をともに歩む決意をする瞬間でもあります。それだけの一大決心をするからこそ、正式な手順を踏んで結婚に対する自覚を深め、気持ちを高めていきたいところです。

プロポーズで差し出される婚約指輪は、婚約の契りを形にできる大切なアイテム。 一般的には婚約指輪を女性に贈ること自体がプロポーズだと認識されます。男性から女性に贈るのが一般的で、女性にとっては憧れのシチュエーションです。

プロポーズをするメリットはある?

プロポーズは形式的にとらわれがちですが、カップルにとってたくさんのメリットがあります。

【1】女性に真摯な愛情が伝わる

プロポーズに憧れている女性は多いもの。プロポーズするだけで女性の気持ちをグッと高めることができます。また、人生を大きく左右する決断をして愛を伝える行動そのものに感動し、心打たれる女性も多くいます。「それだけ本気で自分のことを想ってくれているんだ」と実感し、結婚に対して前向きになる女性は珍しくありません。

【2】結婚の意志が固まり、マンネリ化解消になる

また、結婚する踏ん切りがつかない方にとっては、プロポーズをすることで気持ちの整理をし、けじめをつけるきっかけになることもあります。ふたりがマンネリ化してこれからの関係に不安を感じているなら、プロポーズで気持ちを再度確認し、信頼関係を深める手段にするのも良いでしょう。

【3】けじめのあるお付き合いができる

大人の恋愛は区切りがつけにくく、なんとなくダラダラと続きやすい部分もあります。ふたりの人生を確実に一歩前進させるためにも、プロポーズはぴったりの方法なのです。きちんと口に出して「結婚しよう」と伝えることで、自然と責任感も育っていくもの。末永く結婚生活を続けていきたい方はプロポーズを経て結婚するのがおすすめです。

プロポーズされなかった女性の反応は…?

プロポーズをきちんとしないまま、なんとなくで結婚すると女性ががっかりしたり、のちのち「本当はしてほしかった」などと口論の種になったりする可能性があります。また、女性側の家族に与えるイメージもあまりよくありません。
プロポーズされなかった女性の反応にはいくつかのパターンがあるので、ピックアップしてご紹介します。

【1】「プロポーズを待っていたのに」と悲しくなる

なんとなく「そろそろ一緒に住もうか」「籍入れる?」などと軽く結婚を匂わせられていて、プロポーズを心待ちにしていたのに、ある日「ブライダルフェアに行こうか」と言われてそのまま結婚。ちゃんと婚約指輪を買ってほしかったし、正式なプロポーズの言葉を言ってほしかったので落胆してしまった。「そんなに私のことが大切じゃないのかな?」と不安にもなるので、せめてプロポーズの言葉くらいは言ってほしかった。

【2】適当なプロポーズにがっかり

一世一代のプロポーズだからこそ、ちゃんとした場所で素敵な雰囲気の中プロポーズしてほしいと思っていた。しかし、自宅で家事をしている最中に突然婚約指輪を渡され、それだけでプロポーズは終わり。「なんで今なの?」と疑問に感じた。ちゃんとしたプロポーズの言葉もなく、何を言われてたかは全く覚えていない。一生に一度のプロポーズがムード0でがっかりした。友達のロマンチックなプロポーズのエピソードを聞くとうらやましくてたまらない。

【3】婚約指輪付きのプロポーズに未練たらたら

彼が節約家でお金に厳しく、結婚式費用も用意しなければならなかったので自分から「婚約指輪が欲しい」とは言いにくかった。「新生活の費用もかかるから、指輪は結婚指輪だけでいいよね?」と言われてしまい、そのまま何も言えず……。
本当に婚約指輪も花束もなんのプレゼントもなく、ロマンチックなプロポーズも無し。それでも婚約指輪を差し出してくれるドラマチックなプロポーズに憧れていたので、今でも思い返すとちゃんとプロポーズされなかったのが残念。

このように、多くの女性がプロポーズされないとがっかりし、心の中に不満や不安を抱えてしまうようです。人によっては「ちゃんとプロポーズしてよ!」と言って、険悪なムードになってしまうことも。せっかく一生を歩むパートナーを決めるなら、きちんとプロポーズの言葉を伝え、婚約指輪をプレゼントするなどしてムードのあるシチュエーションでプロポーズしましょう。

関連記事はこちら