プロポーズ待ちだけど…女性が絶対にしてはいけないNG行動

プロポーズ待ちだけど…女性が絶対にしてはいけないNG行動

プロポーズの鉄板ノウハウ
2018.03.28

1,361views

プロポーズ待ちは我慢と忍耐が必要。プロポーズを待つ女性が絶対にしてはいけない行動があります。今回は無事プロポーズにたどりつけるよう、彼にプレッシャーを与えてしまうNG行動5つと、プロポーズ待ちの正解パターンを5つご紹介します!

焦っちゃダメ!彼にプレッシャーを与える行動ベスト5

【1】ウエディング雑誌を家に置く

 

まだ結婚の話がまったく出ていない段階で、分厚いウエディング雑誌を家に置いておくと彼は「なんでまだなにも話していないのに、今からこんなものを置いてるんだ?」と不信に感じます。きちんと話が出ているなら問題ありませんが、一方的に買って置いておくと「これからこういう一方的なコミュニケーションをされるのかな」といらぬ心配や不安を抱かせてしまう可能性もあるので要注意です。
これは思っているよりもかなりストレートで強い結婚アピールになるので、最終奥義としてとっておきましょう。

【2】無理やり結婚式場見学に連れていく

彼の合意がないままに結婚式場の見学に連れていったりウエディングドレスの試着などをすると、ウエディング雑誌同様に不信感を抱かれるきっかけになりかねません。結婚はあくまでふたりでするものなので、何か行動するにはお膳立てが必要。彼の結婚に対する意識をしっかり育ててから、こういった直接的な行動に手をつけた方が無難です。
こうした事前準備もしないままただ結婚式場につれていくだけだと「ただ結婚したいだけで、だれでもいいんじゃないか」と思ってしまう男性もいるので気をつけましょう。

【3】貯金を聞く

お金の話はかなりデリケートな話題です。すでにこうした内情についてもオープンに話せる関係性ができていればいいですが、まだ付き合いが浅いうちに「貯金はどれくらいあるの?」などと不躾に聞いてしまうと相手が引いてしまう可能性があります。
また、「この子はお金が欲しいだけで、俺のことをちゃんと好いているわけじゃなさそうだ」と判断されてしまうリスクもあります。聞くとしても自分のお財布事情を先に伝えるなど、きちんと信頼関係を築いたうえで確認するようにしましょう。

【4】婚約指輪の理想を伝える

自分から「婚約指輪はこういうのがいいな!」と伝えると、男性は自分の意思と関係なく急かされている心地になり不快に感じてしまうこともあります。理想はふたりで相談しながら決めること。なんでも一方的に主張しないように気をつけましょう。

【5】友人の結婚式を褒め続ける

Guests Throwing Confetti Over Bride And Groom

友人の結婚式帰りに「すごく感動した!」などと話すくらいであれば問題ありませんが、何日たっても「よかった」「憧れた」などと言い続けると、あまりにもあからさま過ぎて悪い印象を与えてしまいます。「しついこいなあ」と思われないように、アピールは1,2回に留めましょう。

「この人と結婚しよう」と思わせる正解パターンベスト5

【1】体を気遣う

男性の体調を自然と気遣える女性は母性を感じさせ、男性の心をやさしく満たしてくれる存在になります。いざという時も看病してくれるだろうという安心感を与えられるので、生涯の伴侶にピッタリ。男性側も「この人なら」と感じやすく、魅力を感じます。
直接的にお世話をしなくても、仕事で忙しそうな時にメールや電話で「忙しそうだね、体は大丈夫?」「ちゃんと眠れてる?」などと一声かけるだけでもOK。いつでもサポートできるように寄り添いましょう。

【2】友達を大切にする

男性は女性よりも友達を大切にする傾向が強く、自分のパートナーであっても同様に友達を大切にしていると好感を抱きます。同性からの支持は恋人にとっても大きな魅力になるのです。

そのため彼との予定ばかりを優先して詰め込むのではなく、周りの友人との交流も大切にしましょう。時には友達との予定を優先して当然です。「この日は先に約束しているからごめんね」などと伝えれば、男性側は「この子はふだんから友達を大切にしているんだな」と信頼感や好感度を高まっていきます。

【3】自立する

ただ付き合うだけならまだしも、結婚となるとお互いに自立していることが重要です。一生をいっしょに歩むのですから、常に頼られたり依存されたりすると男性も負担に感じてしまいますし、お互いに健全な関係が築けません。
ただ男性に甘えるのではなく、基本的には自分で自立して行動できるように心がけましょう。仕事に意欲的に取り組んだり、自分の趣味に打ち込んだりと充実している姿を見せることこそ、最大の化粧なのです。

【4】料理など家事スキルを身につける

共働きが増えてはいても、一般的な自活スキルは良好な結婚生活を裏付ける要素の一つ。料理をしたり洗濯をしたり掃除をしたりと、生活に欠かせない家事スキルは最低限身に着けておきましょう。また、それを自主的に行う姿勢を持つことも大切です。
きちんと身の回りを整えられる女性は大人の余裕を感じさせますし、そうした行動がきちんとした性格のあらわれにもなります。しっかりした男性であればあるほどこうしたスキルを見ていますので、ふだんから気をつけましょう。

【5】心の支えになる

いざという時しっかり支えてくれるのが家族。ただ楽しい時だけいっしょにいるのではなく、彼が苦しい時やかなしい時にしっかりと背中を支えられるようになりましょう。
言葉で励ましても良いですし、彼の好きな料理を作っても良いですし、ただそばにいるだけでも大丈夫。彼が一番勇気づけられる方法で支えてあげて、これからいっしょに過ごしていきたいと思われる女性になりましょう。

こうしたポイントをおさえておけば、プロポーズは目前!理想の家庭を目指して、最高のプロポーズをゲットしましょう。

関連記事はこちら