自分たちだけのウェディングケーキを選ぼう!ウェディングケーキの種類、専門店、アレルギー対応など

自分たちだけのウェディングケーキを選ぼう!ウェディングケーキの種類、専門店、アレルギー対応など

結婚式準備のいろは
2018.05.08

525views

ウェディングケーキはめったにできないフルオーダーのケーキ。結婚式で出てくる料理の中でも一番目立つメインスイーツです。ウェディングケーキの種類やウェディングケーキ専門店の選び方、さらにアレルギー対応のウェディングケーキなどを一挙にご紹介します。

ウェディングケーキの種類は?

【1】これぞウェディング!スダンダードな3段ケーキ

結婚式でよく見られる王道の3段ケーキはイギリス式のウェディングケーキ。
本場イギリスではシュガーデコレーションをして、固く焼いたケーキのまわりにシュガーペーストを塗っています。
しかし、日本で一般的にふるまわれるウェディングケーキはシュガーデコレーションはせず、生クリームでデコレーションしていることがほとんど。
必ずしも3段にする必要はなく、予算やゲストの人数に合わせて段数を減らしたり増やしたり、自由にカスタマイズできます。

【2】アレンジは自由自在!なんでも描ける1段ケーキ

1段の平べったいケーキは、アメリカ式のウェディングケーキ。
自由にデコレーションできるスペースが広いので、ふたりの似顔絵を描いたり共通の趣味に関する立体的なデコレーションをしたりと、自由にデザインできるのが魅力です。
その分写真映えも良く、何段にも重なっているケーキよりもリーズナブル。
また、一面にいちごなどのスイーツを敷き詰めたり、メッセージを書いたりするのも人気です。
生ケーキで作ることが多く、ゲストともシェアしやすいので実用的なウェディングケーキだといえるでしょう。

【3】手作り感がかわいい!ツリーのようなクロッカンブッシュ

フランス式のウェディングケーキは「クロッカンブッシュ」。
小さなシュークリームが高く積まれていて、まるで大きなツリーのよう!
カラメルをつけて接着剤代わりにして、小さなシュークリームをしっかりと積み上げているのです。
ゲストが手に取りやすく、シェアしやすいのが特徴。
カジュアルな雰囲気のガーデンウェディングやレストランウェディング、ゲストハウス式のウェディングなどに似合うウェディングケーキです。
クロッカンブッシュには粉砂糖を雪のように振りかけて、生クリームやいちごをあしらうことでメルヘンな雰囲気にもなります。
ナチュラルテイストのエンパイアドレスを着ている花嫁にも似合うウェディングケーキなので、アットホームな雰囲気でゲストと触れ合う時間をたっぷり取りたいカップルにおすすめです!

【4】ホームパーティーテイストのカップケーキ

カップケーキをずらりと並べてワゴンに載せるのもカジュアルでフォトジェニックな演出になり、ゲストとシェアしやすいウェディングケーキとして人気を集めています。
カップケーキそれぞれでデコレーションを変えることもできますし、複数のフレーバーを用意してバリエーション豊かにすることもできます。
一番上の段には生花や飾りを乗せておくと、まるでクリスマスツリーのように華やかなルックスに。
フォトジェニックでゲストが写真を撮りたくなるウェディングケーキに仕上がります。
その場で新郎新婦がカップケーキをサーブして、ゲストとの交流を楽しむのもおすすめです。

ウェディングケーキ専門店に頼む時の予算って?

最近はふたりらしさを十分に表現できるオーダーメイドのウェディングケーキ専門店も多数登場しています。
生ケーキの相場は、ゲストひとりあたり1000円~1500円程度なので、それにゲストの人数を掛け合わせてウェディングケーキの予算にするといいでしょう。
ウェディングケーキ専門店を選ぶ前に、式場に持ち込みのルールを確認しておくべき。
基本的には持ち込み料がかかることがほとんどなので、可能であれば式場にデザインを伝えて理想のウェディングケーキを作ってもらえるかどうか確認しましょう。
ホテルなどルールが厳しい式場だと、衛生面の問題でケーキの持ち込みができない場合もあります。
どうしても式場で理想のウェディングケーキをオーダーできないようであれば、持ち込み料を予算から差し引いてた金額を目安にしてウェディングケーキ専門店をリサーチします。

ウェディングケーキ専門店の選び方は?

ウェディングケーキ専門店には、店舗型とネット通販型の2種類があります。
基本的にはどちらもオーダーの仕方は同じですが、店舗型の場合は近くの店舗に取りに行かなければならない場合もあります。
結婚式場への宅配を依頼できるか確認しておきましょう。
宅配可能エリアが限られていることもあるので、式場の立地も考えて近場のウェディングケーキ専門店を選ぶのがおすすめです。
ただし、店舗型の場合は直接スタッフと打合せできるのがメリット。
近くの店舗に行って打ち合わせをして、理想のウェディングケーキのイメージを具体的に伝えられます。
どうしても時間が取れない場合は、電話やメールでも打ち合わせできることがほとんど。
ウェディングケーキ専門店と相談して、一番スムーズに進められる方法をとりましょう。
支払方法もウェディングケーキ専門店によってさまざまですが、ネット通販の場合は事前にクレジットカードや銀行振り込みで入金することがほとんど。
店舗型の場合は、受け取りの際に店舗で直接支払うか、事前の支払いが必要になります。
ウェディングケーキ専門店にオーダーする時には、キャンセル期限や、ウェディングケーキの変更期限、受取日の変更期限がいつまでか確認しておきましょう。
きちんと把握しておかないと、急な人数変更や内容変更があった時に無駄なコストがかかってしまいます。
場合によっては式場のプランナーを交えた打ち合わせが必要になることもあるので、式場のプランナーとも密にコミュニケーションをとることを忘れずに!

ウェディングケーキ専門店ではアレルギー対応できる?

結婚式ではたくさんのゲストを呼ぶため、アレルギー対応にも注意が必要です。
ウェディングケーキ専門店でオーダーメイドする場合も、店舗によってアレルギー対応を受け付けている場合と受け付けていない場合があるので、気になる人は最初の問い合わせ時点でアレルギー対応が可能かどうか確認しましょう。
アレルギー対応ケーキは、アトピーや食物アレルギーを持っているゲストでも安心して食べられるケーキです。
たとえば卵不使用のケーキや、牛乳、小麦粉を抜いてスポンジを焼き上げたケーキなどがあります。
ただし、三大アレルゲンの卵・牛乳・小麦粉を抜いた状態でウェディングケーキを作るには一定の技術が必要です。
アレルギー対応ケーキの評判を調べて、口コミがいいウェディングケーキ専門店を選ぶと安心でしょう。あるいは、先に自分で試食するのもおすすめです。
ただし、アレルギー対応ケーキは特別対応になるので早めに予約をしておかなければいけません。余裕を持って手配しておきましょう。
このようにアレルギー対応のケーキを扱っているウェディングケーキ専門店はいくつかありますが、アナフィラキシーの症状を持っている人でも食べられるウェディングケーキを扱っているお店はそうそうありません。
なぜなら、ミクロン単位でのアレルゲン除去が必要になるからです。たとえホテルであっても対応は難しいでしょう。
そのため、アナフィラキシーの症状を持っているゲストが参加する場合は事前にケーキについて伝えるなどして万一のことが起きないように注意しましょう。

このように、ウェディングケーキにも多くの種類があり、会場の雰囲気や結婚式のテイストに合わせて選ぶのがおすすめです。場合によってはウェディングケーキ専門店も視野に入れて、理想のウェディングケーキをオーダーしましょう!

関連記事はこちら