ブライダルシェービングはどこで出来る?いつ頃やればいい?

ブライダルシェービングはどこで出来る?いつ頃やればいい?

結婚式準備のいろは
2018.05.09

263views

結婚式前のシェービングはプロに任せるべき

腕や脇などはふだん自分でムダ毛処理をしているのであまり困りませんが、結婚式では背中やうなじなどのムダ毛ケアも必要です。こうした場所に少しムダ毛が残っているだけで、花嫁の美しさは半減。テーブルラウンドなどでゲストに近くの行った時に、ゲストをぎょっとさせてしまいます。自分史上最高の美しさで花嫁姿を披露できるように、結婚式前のシェービングはプロに任せましょう。
シェービングは理容師でなければできないので、専門サロンにいってお願いするのが基本です。自分が行きやすいエリアのブライダルシェービングサロンを調べて、口コミなどの評判もしっかりチェックしましょう。
価格も重要ですが、安さばかり重視して質を軽視してしまうと、肌荒れしてしまったり剃り残しがあったりと、致命的なミスが起きてしまうかもしれません。
いつもよりも慎重にチェックして選んでくださいね。理容師の国家資格を持っているスタッフが常駐しているサロンを選べば、クオリティも担保できます。

合わせてケアしたい部分があればプランをチェック

結婚式直前の花嫁はとても忙しく、エステサロンに行くだけでも大変です。
ネイルサロンにもいかなければならないので、準備だけで疲れ切ってしまうかもしれません。そこで、ブライダルシェービングサロンで気になるパーツのケアを一気に受けられるようであれば、そうしたプランを併用するのも賢い美容術だと言えます。
たとえば、ブライダルシェービングと合わせてオールハンドマッサージをしてくれ、老廃物をすっきり流してくれるサロンもあります。また、フェイスパックでむくみや毛穴のケアができるサロンもあり、そのプランの充実度合いに応じてサロン選びをするのもおすすめ。短期集中のエステプランを導入しているシェービングサロンもあり、時間をかけてエステに通えない方や、駆け込みでボディのメンテナンスをしたい方にぴったりです。
3日間でのスピードケアを取り入れているサロンもあるので、ブライダルシェービングサロンを探す時の条件に入れて絞り込むのもいいでしょう。

ブライダルシェービングを受ける時期

ブライダルシェービングを受けるべき時期は、大体1週間前から3日前がいいと言われています。というのも、あまりに早すぎるとその間にムダ毛が生えてきてしまいますし、逆に直前だと肌荒れが起きてしまうリスクもあり、肌荒れ真っ最中に式を迎える可能性があるからです。
ブライダルシェービングではふだんシェービングしない部分もお手入れをするため、肌荒れするかしないか自分でも予想にしにくく、万が一のトラブルも想定して受ける必要があります。
また、シェービング直後の肌はデリケートになっているので、結婚式当日のメイクに耐えられない可能性もあります。結婚式はいつもよりも濃いめのメイクをしますし、メイクさんが入って普段使わないメイクアイテムを使うこともあって、いろいろと予期せぬトラブルが起きるリスクがあることは把握しておきましょう。
そのため、結婚式当日はムダ毛が一切ない状態で迎えたいからと言って前日にブライダルシェービングをするのはとてもリスキーです。どんなに遅くても3日前までにブライダルシェービングを行いましょう。

ブライダルシェービングを受けた後の注意点

お伝えしたとおり、ブライダルシェービングを受けた後の肌はデリケートになっているので、気をつけなければいけないポイントがいくつかあります。
まず、シェービング直後のメイクは避けること。メイク用品にはいろいろな成分が配合されていて、なかには肌の刺激になる成分もあります。いつもの肌だったら問題ない成分でも、シェービング直後の敏感な肌にとっては刺激が強すぎる可能性があり、肌トラブルになるかもしれません。
また、シェービング当日は長時間の入浴は避けましょう。顔は洗っていいのですが、熱いお湯を長時間あてたり、長湯したりすると肌にダメージを与えてしまう可能性があります。タオルで水分を拭き取る時も、ぽんぽんとやさしく押し当てるようにして、絶対にごしごしこすらないようにしてください。
もちろんピーリングなど刺激の強いケアは厳禁!結婚式当日まで、丁寧なケアを心がけましょう。

ブライダルシェービングのメリット

そんなリスクもあるブライダルシェービングですが、実際ブライダルシェービングにはどんなメリットがあるのでしょうか。ひとつずつご紹介します。

【1】化粧ノリが良くなる

シェービングをするとムダ毛がなくなるので、化粧ノリが抜群によくなります。顔はもちろん、結婚式当日はボディメイクもする人が多いので、体に乗るファンデーションのノリも良くなり、仕上がりがグンとアップ。
まだ、美容成分も浸透しやすくなるのでスキンケアもしやすくなります。特に顔はそうした違いを感じやすいので、結婚式前日は入念にスキンケアをして、もちもちの肌に整えましょう。

【2】体のすみずみまでムダ毛ケアができる

自分ではなかなか確認できない背中やうなじなどもきれいに整えてもらえるので、肌状態は完璧に。背中は男性に頼む女性もいますが、ふだん剛毛な髭剃りをしている男性にデリケートな背中のムダ毛ケアを頼むのはなかなか勇気がいることです。万が一のことを考えて、ムダ毛ケアはすべてプロに任せた方が確実でしょう。
また、ブライダルシェービングすべき部分は衣装から出る露出部分すべてです。これらすべてをセルフケアで剃ろうとすると、かなりの労力がかかります。当日を完璧な状態で迎えるためにも、思い切ってすべてブライダルシェービングに任せた方が結果的に楽だと言えます。

ドレスを着る時のシェービングポイント

ウエディングドレスとカクテルドレスなど、すべてドレスを着る予定の方は、顔、首、うなじ、デコルテ、背中、肩を中心にブライダルシェービングをお願いしましょう。実際に着用するドレスを見せながらシェービングしてもらうと安心です。
ドレスの方が和装よりも露出部分が多いので、剃るべき部分も多くなります。もしヘアスタイルがダウンスタイルだけなら、うなじは見えないので剃らなくても大丈夫です。
ただし、アップにする場合はうなじも綺麗にシェービングしてもらうようにしましょう。基本的にはどんな服を着てどんな髪型にするのかを伝えれば、綺麗にシェービングしてくれます。

和装を着る時のシェービングポイント

結婚式で和装しか着ない場合は、体はほぼ露出しないので顔頭とうなじだけそってもらえば大丈夫です。和装に似合ううなじに整えてもらって、後ろ姿も美人に仕上げてもらいましょう。
ただ、和装でも手元はみえるので指の毛をしっかり剃ってもらうのを忘れずに。特に結婚指輪をつけるときにアップで写真撮影されるので、油断は禁物。きれいな手元にしておきましょう。
手首周りのムダ毛もしっかりシェービングしてもらえば、どこから撮影されても大丈夫!ぬかりない花嫁姿の出来上がりです。

美しい花嫁姿で当日を迎えるには、ブライダルシェービングが欠かせません!直前で行うものなので、早めに予約をしておいて、結婚式直前に焦らないように気をつけましょう。

関連記事はこちら