結婚式の演出に婚約指輪を。最大級のきらめきで彩る演出方法

結婚式の演出に婚約指輪を。最大級のきらめきで彩る演出方法

結婚式準備のいろは
2018.02.08

543views

婚約指輪の相場は、女性の結婚指輪の相場の約3倍。それだけ高価な婚約指輪を結婚式で使わないのはもったいないです。そこで、結婚式を盛り上げ、ゲストにも大切な婚約指輪をお披露目できる「婚約指輪を使った結婚式の演出方法」を3つピックアップしてご紹介します。これから結婚式を挙げるカップル必見です!

演出1:エンゲージリングカバーセレモニー

エンゲージリングカバーセレモニーとは、結婚指輪に婚約指輪を重ねることで、ふたりが誓った永遠の愛に蓋をして、より強い誓いにすることや、婚約期間が無事終了して結婚にむすびついたことを意味します。

最近だんだんと人気になり、取り入れるカップルが増えている結婚式の演出方法です。教会式や神前式など厳粛な雰囲気のある結婚式よりも、カジュアルで自由度が高い人前式で好まれる傾向があります。

一般的なやり方は、まず通常どおりに結婚指輪の交換をしてから、新郎から新婦にもう一度婚約指輪を贈り、新婦の結婚指輪の上からつけるというもの。エンゲージリングカバーセレモニーは広まりつつあるものの、まだ知らないゲストも多いので、司会の方にエンゲージカバーの意味を事前に説明してもらうのがおすすめです。その後、ゲストに結婚指輪と婚約指輪をつけた手元をお披露目します。

挙式以外でも取り入れられるので、披露宴中の演出に組み込むのもおすすめです。たとえば、お色直し後の再入場の時に、先に新郎が婚約指輪を持って入場し、後から入場してきた新婦に差し出すのもロマンチックです。「これからもよろしくね」などと一言添えると良いでしょう。その後ふたりでいっしょに歩いて高砂まで向かえば、ゲストも粋な演出に盛り上がります。

演出2:婚約指輪を差し出し、改めてプロポーズ

結婚式で改めて婚約指輪を差し出してプロポーズをする演出もとても盛り上がります。もう一度プロポーズするのもいいですし、「ちゃんとプロポーズできなかった」「さらっとしたプロポーズで済ませてしまった」などといったカップルが初のプロポーズにチャレンジする機会にもなります。

あらかじめふたりで打ち合わせしておくパターンもあれば、新郎から新婦へのサプライズとして用意しているパターンもあります。サプライズプロポーズは気恥ずかしいと思っている方でも、結婚式という非日常感があれば思い切ってチャレンジしやすく、結婚式会場のスタッフがサポートしてくれたり、ゲストが盛り上げてくれたりするので理想的なサプライズプロポーズを実現しやすいというメリットもあります。

挙式の誓いの前や、披露宴中のケーキカットの前、お色直しの後などがサプライズプロポーズをしやすいタイミング。跪き、婚約指輪を差し出して新婦にプロポーズしましょう。また、結婚式なのでバラのブーケを用意していっしょに贈るのもすてきです。ゲストに婚約指輪やブーケを持ってきてもらい、そこでプロポーズするのも一体感が生まれていい演出になります。

また、写真撮影のタイミングにもなるので、会場全体がわっと盛り上がります。演出を追加したい方や、ゲストと一体型の結婚式を作りたい方におすすめの演出方法です。

演出3:婚約指輪のお披露目タイム

挙式で指輪交換した後の結婚指輪のお披露目タイムはありますが、婚約指輪のお披露目タイムはありません。芸能人がよく結婚報告の記者会見で婚約指輪を披露していますが、せっかくお気に入りの婚約指輪を購入したのであれば、華やかな結婚式の場でお披露目して、立派な記念写真を撮った方がいい思い出になります。

結婚指輪との重ねづけができるデザインだったり、エンゲージリングカバーセレモニーを行ったりした場合は結婚指輪と婚約指輪を同じ指にはめて披露するのがおすすめです。デザイン的に同じ指にはめると不格好であれば、婚約指輪は反対側の手にはめてお披露目するといいでしょう。

挙式会場や披露宴会場の高砂でお披露目するだけで、芸能人の結婚報告のように華やかな写真が撮影できます。また、結婚指輪よりも婚約指輪の方がダイヤモンドがあって見栄えが良いので、写真映えもいいのが大きなメリット。ゲストも盛り上がり、近くに来て写真撮影をしてくれます。

注意点は、指輪交換の後につけること。指輪交換の時にすでに指輪をつけているのは変なので、結婚指輪をつけた後に身につけましょう。婚約指輪を身につける瞬間もしっかり演出に反映したいという方は、すでにご紹介したエンゲージリングカバーセレモニーや、再プロポーズなどの演出を行うのがおすすめです。

こうした演出方法を結婚式に取り入れれば、ダイヤモンドがきらめく華やかな婚約指輪を使ったラグジュアリーな演出ができ、結婚式全体がパッと盛り上がります。また、結婚式を挙げた後は結婚指輪を使うシーンが増え、婚約指輪をあまり使わないという方もいますが、せっかく買った婚約指輪をしっかり活用し、写真撮影して思い出をたくさん作れる機会にもなります。ぜひ婚約指輪を使った演出で、すてきな結婚式を実現しましょう。

関連記事はこちら