ウェディングフォトで思い出をフォトジェニックに残そう!費用は?前撮りとは違う?

ウェディングフォトで思い出をフォトジェニックに残そう!費用は?前撮りとは違う?

婚約指輪の基礎知識
2018.04.19

84views

最近流行りのウェディングフォトは節約派にもぴったりのサービス。前撮りと何が違うのでしょうか?ウェディングフォトの費用や流れ、気を付けるべきポイントなどもご紹介します。

ウェディングフォトと前撮りの違い

前撮りは結婚式前に素材を用意するために行われる写真撮影のことですが、ウェディングフォトは写真だけの結婚式。
最近は晩婚化も進んで必ずしも全部のカップルが結婚式を行うわけではありませんが、結婚式をやらない派のカップルが「結婚式はやらないけど、ドレスは着たい」「家族との写真だけでも撮りたい」と思った時に活用できる人気のサービスです。
結婚式ではないからこそ、ロケーションにこだわって自分たち好みの服を着れるのがウェディングフォトの大きな魅力。
打掛など憧れの和装を着たり、庭園で撮影したりとさまざまなタイプの写真を撮影できます。
結婚式であればアクセスが悪くてなかなか選べない海辺や山奥、地元の近くなどでもウェディングフォトであれば実施しやすく、ハードルが低いのでカスタマイズもしやすいでしょう。
また、お子さんやペットと撮影したいという方にもおすすめです。
写真撮影専用のスタジオで和装と洋装を一度に撮影することもできるので、わがままな花嫁さんにもぴったりです!

前撮りで着けるのは結婚指輪と婚約指輪どっち?

前撮りは婚約指輪・結婚指輪のどちらを着けても問題ありません。つまりカップル次第ということ。「どちらを着けようか決められない」と悩んでいるカップルに向けて、それぞれのメリットやデメリットをご紹介します!

婚約指輪で前撮りする場合

婚約指輪で前撮りする場合は、結婚前、つまり入籍前に前撮りをするカップルが多いようです。「結婚指輪を着けるのは結婚してから」と考えるタイプですね。中には、結婚式のペーパーアイテムに使うといった理由から入籍日よりもだいぶ早く前撮りをするカップルもいるので、まだ結婚指輪を購入していないケースもあるでしょう。
婚約指輪で前撮りするメリットは、結婚指輪を綺麗なまま維持しやすく結婚式で使いやすいこと。結婚式の前から結婚指輪をはめていると、どうしても汚れがついてしまったり小さな傷がついてしまったりするため、結婚式前に磨き直さなければならなくなるかもしれません。もちろん結婚指輪は頑丈にできているのでそうそう傷がつくことはありませんが、結婚式では結婚指輪を披露したり、手元がアップの写真を撮られたりする機会があったりするため、綺麗なままとっておくのも賢い方法でしょう。
デメリットは、芸能人が結婚会見で披露するような「結婚しました」と手元をかざすポーズの写真が撮れないこと。いかにも結婚!といった写真を撮りたいなら、結婚指輪を着けた方がポーズの幅が広がり、記念になる写真が残せるでしょう。

結婚指輪で前撮りする場合

結婚指輪で前撮りする場合は、当たり前ながら事前に結婚指輪を用意しておく必要があります。結婚指輪はオーダーメイド商品でなくても刻印の有無や在庫の関係で手配までに数週間かかることも多く、「前撮りに結婚指輪の準備が間に合わなかった」というケースもあります。もし結婚指輪をつけて前撮りしたいなら早めに購入しておくべきでしょう。前撮り前に余裕を持って結婚指輪を購入しておかなければならないので、結婚式準備などで忙しいとハードスケジュールになりがちです。これが結婚指輪で前撮りする際のデメリットだと言えます。
一方、結婚指輪で前撮りするメリットは結婚感たっぷりの写真が撮影できること。お互いに結婚指輪をはめた手を重ね合う様子を撮影したり、結婚指輪を交換する様子を撮影したりと、結婚式さながらのポーズで前撮りができます。前撮りと結婚式では衣装が違いますから、結婚式の写真をさまざまなパターンで多く撮れると考えるとうれしいですよね。泣く泣く断念した衣装に前撮りでリベンジして、「できれば結婚式でもこの色に挑戦したかった」といった願望を叶えられます。婚約指輪と重ねづけして撮るのも、より華やかになり素敵です。

ウェディングフォトの費用は?

ウェディングフォトの費用や着用する衣装や枚数などによって変わりますが、目安としては10万円程度。
ロケーションも自由で、緑豊かな公園で撮影したり、重厚感たっぷりの雰囲気あるチャペルで撮影したり、スタジオで小物を使いながらおしゃれに撮影したりと、自分好みのプランを選べます。
費用に含まれるのは、一般的には100枚前後の撮影データ、当日のウエディング専用のヘアメイク、手に持つブーケやヘアアクセサリーなどの小物です。
大体はスタンダードプランがあり、そこに含まれるウェディングドレスや小物を選べば追加料金はかかりません。
ただし、多くの場合はプラス料金のかかるドレスを選んだり、小物やオプションを追加したりすることになるでしょう。
最初から予算を決めておかないと青天井に費用が増えてしまうので、追加するとしてもいくらまで、というように上限を決めておくのがおすすめです。
追加費用をかければ衣装を追加できたり、ロケーションを変更したり、ヘアメイクを変えたりすることもできます。
また、写真データだけでなくアルバムを発注する夫婦もいます。写真のカット数を増やすこともできるので、自分たちがなにを重視したいか相談して決めてから取捨選択しましょう。

ウェディングフォトの流れ

【1】ウェディングフォトの撮影をしたい時期を決める

入籍日や記念日など、いつウェディングフォトを撮影するかを決めます。両親など親族に写真を見せたいなら、帰省する前までにデータを受け取れる時期にウェディングフォトを撮影するといいでしょう。
撮影してから1ヵ月ほどで納品されることが多いですが、予約する前にスケジュールも確認してくださいね。

【2】ウェディングフォトの予算を決める

ウェディングフォトのプランを決めるにあたって、重要な判断軸になるのが予算。これからの結婚費用を考えて、無理のない範囲で予算を決めましょう。
予算を決めたら、その範囲内におさまるウェディングフォトのプランを選びます。

【3】ウェディングフォトのお店を決める

ウェディングフォトを行える場所はたくさんあるので、自分たちの理想の写真が撮れるウェディングフォトのお店を探しましょう。
インターネットで地名を入力して調べてもいいですし、撮影したい場所が決まっていればその場所で撮影できるお店を探すのもおすすめです。
インスタグラムにはウェディングフォトがたくさん公開されているので、「#ウェディングフォト」などハッシュタグで調べて、自分好みの写真を撮ってくれるお店を探すのもいい方法です。

【4】来店予約をする

インターネットや電話でお店に予約をしましょう。予約する時に予算や理想のイメージなどを伝えておくと、当日の相談もスムーズに進みます。
事前にウェブサイトでどんなプランがあるか確認して、自分なりに目星をつけておきましょう。

【5】ウェディングフォトのプランと日時を決める

実際にお店に行ったら、どんなウェディングフォトを撮りたいかしっかり要望を伝えていきます。
具体的に伝えれば伝えるほど「こんなはずじゃなかった」という展開を防げるので、遠慮せずにどんどん要望を伝えましょう。
また、理想のイメージに近い写真をいくつか用意しておくとイメージが伝わりやすいです。
ピンタレストでピックアップしておくと一覧にして見せやすいのでおすすめ!要望をしっかり伝えたら、その内容に沿ってプラント日時を決めましょう。

【6】衣装を試着する

ウェディングドレスや和装の試着をしに行きます。この時も、事前に理想の衣装をイメージしていきましょう。
実際にはたくさんの衣装があるので、ある程度イメージを固めておかないとなかなか決められず、悩んでいるうちに混乱してしまいます。
また、自分が理想としていたイメージに近い衣装が合っても、実際に着てみると似合わないこともよくあります。
理想のイメージに近づけるのもいいことですが、自分に似合うかどうかも重要なポイント。スタッフの方に相談しながら、納得できる衣装を妥協せずに選びましょう。
試着できる時間は決まっているので、その日にどうしても決められなければもう一度足を運んで選びましょう。
焦って決めるとあとから後悔してしまうので、迷ってしまったら一度出直すのもアリ。
衣装を着たらその都度写真を撮って、あとから比較しやすいようにしておきましょう。
どうしても決められずに悩んでしまったら、予算などお金の面で選んだり、パートナーに選んでもらったりして決めてくださいね。

【7】申し込み・支払い

いよいよ衣装が決まり、オプションの有無なども決めたら金額が確定します。契約して、入金を完了させましょう。
キャンセル発生日なども決まっているので、契約時には規定をしっかりチェックしてください。
また、自分で小物などを用意する場合は早めの準備を!意外と発送に時間がかかったりするので、早め早めの準備をしておかないと、本番に大切な小物が揃わないかもしれません。
自分で手配する余裕がない方や、あまりこだわりがない方、準備に急いでいる方はお店にすべて任せると安心です。

【8】撮影

いよいよ当日!カメラマンの指示に従って、にっこり笑って写真を撮りましょう。
ウェディングフォトはふだんだったら撮らないような大胆なポーズを撮ったり、思い切りはしゃいだりするので女優気分で行くのがおすすめです。
この時だけは恥じらいを捨てて、フルスマイルで撮影を楽しみましょう。
また、憧れのポーズなどがあればこの機会に撮ってもらいましょう。
写真好きな方はあらかじめどんなウェディングフォトはあるか調べておいて、自分が撮りたい写真をピックアップしておくのがおすすめです。
カメラマンにお願いすれば大体は対応してくれるので、憧れの一枚を残しましょう。
ウェディングフォトは、プロポーズポーズやお姫様抱っこなど、ロマンチックな写真を撮れる大チャンス!
恥ずかしがり屋の男性にもおねだりしやすいので、この機会を逃さないようにしてくださいね。

ウェディングフォトの費用を抑えるコツ

式場プラン以外も比較検討する

「比較検討する」と聞くと当たり前のことのように感じますが、意外と比較検討せず式場のプランをそのまま採用するカップルが多いです。というのも、式場に一括で依頼するのは楽ですし「特別割引」などと記載されているケースもあるため「お得なのではないか」と感じやすいから。
確かにお得なケースもありますが、必ずしもコストパフォーマンスが高いとは限りません。式場側からすれば「楽だから」とそのままプランを受け入れるカップルが多いので、あまり安くしなくても受注を得やすい構造になっており、値下げをしていないこともあります。また、仕組みとしては式場がカメラマンなどの撮影費に仲介費を上乗せしてカップルに請求するわけですから、直接撮影会社に依頼するよりも高い金額設定になっていることもあります。

式場を決める前に前撮りの相場を把握する

式場が提案するプランの前撮り価格が高いか安いか見極めるためにも、事前に調べて前撮りの相場観を把握しておくべきでしょう。ただ、式場で即決すると割引が適用されるなど金額が変わるケースもあります。できれば式場を決める前に前撮り費用を下調べし、相場を把握しておきましょう。
そして相場を踏まえてあらかじめ予算を決めておけば、式場から見積もり金額を提示されたときも迷わずにどうするか即決できます。これだけでスムーズにお得なプランを選びやすくなるため、式場検討前の下調べがおすすめです。

平日に撮影する

結婚するカップルは働き盛りの世代が多く、共働きのカップルも増えているので、前撮りのニーズが高いのはやはり土日祝日。ニーズが高い分、価格設定も高めです。比較的空いている平日であれば「平日割引」を採用していることも多く、土日祝日に撮影するよりもリーズナブルな価格で前撮りができることもあります。
費用を抑えるためにも、できれば平日割引を採用している場所を選び、有休をとるなどして平日に前撮りしてはいかがでしょうか。それだけでも数万円安くなることもありますよ。

洋装にする

「結婚式ではドレスだけ着るから、前撮りは和装を」と考える方も多いのですが、金額面から考えると和装の着物より洋装のドレスがリーズナブルではあります。強いこだわりがないのであれば、前撮りもドレスにした方が費用を抑えやすいでしょう。
ドレスも最近はさまざまな種類が用意されており、少し和のテイストが入っている個性的なドレスもあります。結婚式に着用するドレスと雰囲気やデザイン、カラーを変えるだけでも写真の印象は変わるので、また違ったルックスを楽しむことができますよ。

基本料金内の衣装を一着だけ選ぶ

結婚式にも同じことが言えますが、ウェディング費用は基本料金にたくさんの追加料金・オプション料金が積み重なりがち。「せっかくだから」と少しずつプラスして雪だるま式に金額が膨らんでいき、最終的には最初の見積もり金額の倍近くにまで増えて「こんなはずでは」と驚くカップルが多いです。
前撮りの金額を抑えるコツは、衣装を一着のみにすること。そして基本料金に収まる衣装の中から選ぶことです。たとえ一着だけであっても「このデザインは追加料金がかかります」と別プランの金額になってしまうこともあるので、あまり欲を出さず基本料金に収まるものの中から選んではいかがでしょうか。

スタジオ撮影にする

外に出るロケーション撮影に比べて、スタジオ撮影は効率的に撮影できるので比較的リーズナブルです。最近はスタジオ撮影でもまるで海外ドラマのようにおしゃれな空間が用意されていたり、CGを使って外で撮影したかのような仕上がりになったりとクオリティが高くなっているので、スタジオ撮影でも十分見栄えのいい写真を撮影することができます。
また、割引プランやキャンペーンを行っているスタジオもあるので、こうした特典を活用すればよりお得に前撮りができるでしょう。友達紹介キャンペーンもよくあるので、友達が利用していたスタジオの中に「いいな」と思うものがあれば「紹介して」とお願いするのもおすすめです。

アルバムを購入せず、データのみ購入する

思い切ってアルバムを購入しないのもアリです。最近はネットプリントなど、写真屋さんでデータからアルバムをオーダーすることも簡単にできるようになりました。自分でお気に入りの写真を自由に組み合わせてレイアウトし、自分たちらしいアルバムを作るのもとても楽しく思い出になるもの。そして、アルバムをオーダーするより安く作れるのも大きな魅力です。
こうした自分で作るアルバムは、リーズナブルなフォトブックタイプなどもあり、予算に合わせて調整しやすいのも大きなメリット。予算内に収まるように調整しながら、世界にたったひとつのアルバムを作ってはいかがでしょうか。

一生に一度のウェディングフォトで後悔しないようにするには、入念に下調べをするのがポイント!理想のウェディングフォトを叶えてくださいね。

関連記事はこちら