• こだわればキリがない! 個性を引き出すアーム選びのすすめ

    婚約指輪、どんな要素を重視して選んでいますか? 中央の石選びや周りのデザインだけでなく、アームの形状からも選ぶことができます。リングは、宝石、爪と台座、アームで構成されており、色々な部位で個性を出すことができますが、アームにこだわることでもそれが可能です。アームに使われる素材には色々な種類がありますし、形状もさまざまなものが出ています。さらに、アームの内側には、二人しか知り得ないメッセージを刻印したり、インサイドストーンという小さい石を埋め込んだりすることもできます。アームのアレンジの幅はとても広いのです。早速アームの選び方をチェックしてみましょう!

    アームのデザインってどんなものがある?

    多くのショップで見ることのできるアームのデザインとして「ストレートアーム」「V字アーム」「S字アーム」「X字アーム」などがあります。
    通常のまっすぐなアームラインのものは、「ストレートアーム」と呼び、どのような指にも合うタイプです。ただし、リングの幅によって、ふさわしい指というのが変わってきます。例えば、比較的小さな手の女性には、細くて華奢なタイプのアームが合いますし、手や指が細くて長い女性には、幅広タイプのアームがおすすめです。
    その他、代表的なアームのデザインとして「V字アーム」「S字アーム」「X字アーム」があります。「V字アーム」はその名の通り「V」がかたどられたもので、縦のラインが強調されることから、指を長く見せたい人におすすめの形状です。「S字アーム」は、波のようにくねった曲線が特徴のアームで、指がまっすぐに見えるため、少々ごついと思われるような指にもぴったりの形状です。最後の「X字アーム」は、2つのリングをクロスさせたもので、これも「S字アーム」同様、指をすっきり見せたい人向きの形状です。

    アームには色々な加工ができる!

    リングのアームの内側には色々な加工ができます。文字や模様を刻印する、誕生石などをインサイドストーンとして埋め込むなどです。
    これだという婚約指輪が見つかったら、アームの内側に刻印するための文字を決めましょう。二人のイニシャルや記念日、愛のメッセージなど好きな文字を指定することができます。
    インサイドストーンとして誕生石を埋め込むというのは、お守りの意味もあります。古くから、自分の誕生月の石を肌身離さず持っていると、それだけでお守りになって持ち主が守られ、幸運が舞い込んでくるといわれています。誕生石を婚約指輪の内側に埋め込むことで、お守りとしてパワーを発揮し、さらに二人に幸運が舞い込んでくることでしょう。
    色々な個性を出せるアーム。こだわる価値がありそうです。