婚約指輪にも刻印したい!おすすめの文字刻印の例&無料ブランド

婚約指輪にも刻印したい!おすすめの文字刻印の例&無料ブランド

デザインはどうする?
2018.02.07

2,214views

結婚指輪だけでなく婚約指輪にも刻印できることはご存知ですか?マリッジリングの刻印は結婚指輪をイメージしがちですが、婚約指輪にも自分たちらしい刻印を施すことができます。今回は婚約指輪に刻印するメリットやおすすめの刻印アイデアや文字、さらに無料で刻印できるおすすめブランドをピックアップしてご紹介します!

刻印ってなに?

刻印とは、リングのアームの内側には文字や模様を彫ること。婚約指輪のアームの内側にさまざまな刻印を入れることで、その人だけの婚約指輪にすることができます。
刻印できる文字はブランドによって異なるので、婚約指輪購入前にどんな刻印を入れたいか考えておくのがおすすめ。特に模様やマークはブランドによって扱っているものが違うので、しっかりチェックしてから購入しましょう。

婚約指輪の刻印は二人の備忘録?

記念日

ふたりの記念日を入れるのは定番中の定番。刻印の入れ方はさまざまですが、以下のようなものが人気です。

【年月日を数字で入れる】

2018.6.1
きちんと年月日を覚えておきたい方におすすめ!

【年月だけ入れる】
6.2018
Jun.2018
この場合、月だけローマ字で入れるとおしゃれです。

【月日だけ入れる】
6.1
記念日にプレゼントした場合は月日だけ入れると思い出深い刻印になります。

イニシャル

イニシャルを入れるのも定番です。特に強調したい日付がなければ、ふたりのイニシャルを入れるのがおすすめ!

【プレゼントの意味を込めたtoでつなぐ】
A to B

【一体感のある&でつなぐ】
A & B

メッセージ

口下手なら、刻印のメッセージに愛の言葉を託しましょう。

I love you(愛してます)
Forever Love(永遠の愛)
With you(あなたとともに)
Only you(あなただけを)
For you(あなたのために)
Sweet Heart(いとしい人)

おすすめの刻印の文字&アイデア

名前やイニシャル

刻印と言えば鉄板はふたりの名前やイニシャル。名前をローマ字や日本語で彫るのはもちろん、イニシャルだけあしらうのもシンプルで素敵です。ふたりの名前の間に「♡」や「&」をつけると夫婦感が増し、より愛情を感じられるものになります。
また、婚約指輪で人気の刻印は「男性の名前to女性の名前」というように、男性から女性へ贈ったことがわかる刻印です。婚約指輪の刻印を見るたびに、男性からの愛情を確認できることでしょう。

プロポーズ記念日や入籍日

婚約指輪の刻印は日付も人気です。プロポーズした日の日付を入れるケースが多いですが、すでに入籍日が決まっている場合は入籍日を入れてもいいでしょう。ただ、結婚指輪にも刻印する場合は、入籍記念日は結婚指輪に入れた方がベター。その場合は、付き合った日などの記念日を入れるのがおすすめです。

記念日+イニシャル

文字数に余裕があれば、記念日とイニシャルの両方を入れるとかけがえのない思い出を刻印にして残すことができます。もし迷ったら、記念日とイニシャルを刻印すれば、まず外すことはありません。鉄板の刻印アイデアとしてぜひ検討してはいかがでしょうか。

英語一言

婚約指輪にメッセージ性を持たせたいのであれば、イニシャルや日付の代わりに英語を一言刻印してはいかがでしょうか。シンプルな英単語であれば、文字数が少ないので簡単に刻印できます。ふだんからお守りを身につけていたり、パワーストーンを持っていたりする女性にとっては、こうした言葉が刻印された婚約指輪はお守り代わりになり、心強い味方になることでしょう。
たとえば、「Smile」「Love」「Honey」「Hug」「XOXO」といったシンプルな英単語がおすすめ。愛情が伝わる英単語にして、ふだんなかなか伝えられない愛情を込めましょう。

英語文章

口下手だったりシャイだったりする男性には、英語の文章を刻印するのがおすすめ。愛のメッセージを刻印に託せば、無言のプロポーズでも自分の代わりに言葉を伝えてくれます。
定番は、「I love you」(愛してます)、「always love you」(いつもあなたを愛しています)、「You’re everything」(あなたが私のすべて)など。ただ、どうしても文字数が増えてしまうので、上限の文字数を確認してから考えてくださいね。

婚約指輪の刻印サービスが充実!おすすめブランド

【1】アイプリモ

ブライダルジュエリー専門ブランド・アイプリモは、理想の婚約指輪が見つかる豊富なデザインが人気を集めています。婚約指輪の刻印は無料でオーダーできます。さらに、購入後でも対応可。選べる文字にも種類があり、「筆記体」か「ブロック体」から選ぶことができます。筆記体は頭文字のみ大文字でほかは小文字、ブロック体は全て大文字です。

文字数はリングのサイズプラス4文字までです。たとえば、9号サイズだと13文字まで刻印が可能です。記号も、「♡」、「&」、「to」、「☆」、「.(ドット)」などさまざまな種類があり、自分好みの組み合わせにしてカスタマイズができます。ただし、スペースは1文字と換算されるのでご注意を!

【2】カルティエ

ハイブランドのカルティエでも、無料で婚約指輪の刻印を行っています。ただし、商品によって文字数が異なるためボリュームについては確認が必要です。文字は「アルファベット」、「数字・ハートマーク」、「漢字」、「ひらがな」が刻印でき、文字の書体は「アバンギャルド」、「スクリプト」、「ローマン」、「日本語」から選べます。彫刻方法は文字彫り機やレーザー機械によるもので、ムラが少ない美しい仕上がりが魅力。

さらに、初回の刻印であれば購入後も無料で文字彫りをオーダーできます。その際は品質証明書の提示が必要なので、それだけ忘れずに用意をしましょう。そして、文字彫りを除去できるのも大きなメリット。あとから変更したければ他の内容にすることも可能です。

【3】ヨンドシーブライダル

繊細でフェミニンなデザインが人気のヨンドシーブライダルでも、婚約指輪の刻印を無料で行っています。こちらもデザインにより刻印できる文字数が異なるので、事前に文字数を確認しましょう。刻印できる文字の種類は、「数字」、「アルファベットの大文字」、「スペース」、「&」、「’」、「・」、「to」です。toのみ小文字でも刻印が可能です。

文字の書体はセンチュリー(century)で、刻印方法はムラの少ないレーザー機械で行います。ヨンドシーブライダルでも、購入時に渡される「ブライダルメンテナンスカード」を提示すれば、購入後も無料で刻印をオーダーできます。

婚約指輪にも刻印をして、より深い愛を実感できるものに仕上げてはいかがでしょうか。

婚約指輪に刻印するメリットって?

どんな文字・記号がつかえるの?

入れられるのは文字や記号は、一般的に英数字と♡や★などのメジャーなマークです。書体はブロック体が多いものの、明朝体や筆記体など好きなフォントを選べるブランドもあるので調べてみましょう。
珍しい模様やマークなどを使いたいこだわり派の花嫁は、レーザー彫刻を行っているブランドを選ぶのがおすすめ。レーザー彫刻を行っているブランドでは、データの持ち込みに対応している店舗もあり、こだわりのデザインや自作のデザインを刻印してもらうことも可能です。フルオーダーに対応している店舗であれば、プロのデザイナーに刻印のデザインをしてもらうことも。

文字数の制限はある?

リングの裏側はまっさらなわけではなく、もともと貴金属の種類やダイヤモンドのカラット数などのスペックが刻印されているので、内側全面に刻印を施せるわけではありません。また、婚約指輪はダイヤモンドを留めている関係で装飾が施されているケースも多く、刻印の文字数の目安は3〜8文字ほどです。
特に、リング全体にメレダイヤモンドが埋め込まれているフルエタニティリングは刻印を全く入れられないこともあるので要注意!どうしても刻印を入れたいなら別のデザインを選ぶなどして調整しましょう。

刻印にかかる費用は?

一般的な英数字やマークの刻印であれば、無料で対応しているブランドが多いです。不安な場合は、購入前に無料対応可能かどうか問い合わせしましょう。
ただし、文字数を規定よりも増やしたり、オリジナルデザインを刻印したりする場合はオプション料金がかかります。買っているペットのアイコンを入れたり、ふたりだけの愛の印を刻印したりと、自由なデザインを楽しみたい方はオリジナルデザインを検討しましょう。こうした場合は、大体1000円前後の追加料金がかかることが多いです。また、デザイナーにフルオーダーすればもっと高くなるので、予算を決めてから相談するのがおすすめ。

オリジナル感をプラスできる

「婚約指輪にもできれば自分たちらしいオリジナル感を出したい」と思っていても、憧れのブランドではオーダーメイド商品を取り扱っていなかったり、既成のデザインの中に理想の婚約指輪があったり、予算やスケジュールの都合でオーダーメイドの婚約指輪にする余裕がなかったりと、“世界にたったひとつの婚約指輪”を手に入れられない場合もあります。

そんな時に婚約指輪に刻印を入れれば、既存のデザインの婚約指輪でもふたりのオリジナル感を添えられます。ふたりのイニシャルやプロポーズ記念日など、ふたりならではの言葉を刻印にして婚約指輪に刻みましょう。

お守り代わりになる

ふたりのイニシャルや名前といっしょにプロポーズ記念日を入れれば、「ふたりの愛が永遠に続きますように」という願いを込めることができます。さらに、ふたりの間で大事にしたい言葉を彫ることもできるので、合言葉のような感覚で刻印を彫れば婚約指輪がお守りのような存在に感じられることでしょう。

また、刻印は日本語対応していることも多く、フォントもカジュアルなものからクラシックなものまで選べるブランドもあります。自分たちの理想に合わせて刻印の文字も自由にデザインし、お守り感覚で身につけたくなるようなお気に入りの仕上がりにしましょう。

関連記事はこちら