【男女別】結婚式の服装って?ゲストでお呼ばれしたときのマナー

【男女別】結婚式の服装って?ゲストでお呼ばれしたときのマナー

結婚式での服装は、いつもと違ってフォーマルなもの。自分では良いと思っていても、実はNGな服装で周囲から白い目で見られてしまうかもしれません。お祝いの場で失礼がないように、結婚式のNG服装から格上げするドレスコードまで、男女別にご紹介します!

【女性ゲスト】結婚式でNGな服装

1.白いドレス

花嫁のウェディングドレスを被ってしまうので絶対にNG!また、オフホワイトのドレスも遠くから見ると白色に見えるので避けた方が良いでしょう。

2.黒一色のコーディネート

ドレスだけ黒ならいいですが、全身黒だけだと不祝儀をイメージさせてしまうので良くありません。黒いドレスを着る場合も、華やかなハイヒールと合わせたり、パールのネックレスやピアスと合わせたり、ゴールドのショールと合わせたりして他の色をプラスしましょう。

3.毛皮・皮素材のアイテム

毛皮と皮は殺生をイメージさせてしまうので結婚式では避けましょう。毛皮以外にも、ヒョウ柄などアニマル柄の洋服はNGなので気を付けて。

4.ブーツ

ブーツは防寒具なので、フォーマルな場にふさわしくありません。

5.サンダルなどつま先が空いた靴

こちらもフォーマルな場ではNG。つま先がきちんと隠れている靴を選びましょう。

6.黒タイツ・カラータイツ・網タイツ・素足

冬の時期は黒タイツなどを履きたくなりますが、結婚式などのフォーマルな場ではストッキングが基本。それ以外のものは避けましょう。もちろん素足もNGです!

7.大きな荷物

大きな荷物やバッグも見栄えが悪くNGなので、事前にクロークに預けるなどして会場では小さい手持ちのバッグだけにしましょう。

8.ビジネススーツ

男性だとスーツを着ている人もいますが、仕事で着るようなスーツは結婚式にふさわしくなく、地味な印象を与えてしまうので避けましょう。

9.蝶ネクタイ

男性ならOKですが、女性だとカジュアルすぎるのでNGです。

10.ニット素材

帽子にしても服にしても、ニット素材のアイテムはカジュアルな印象なのでフォーマルな場には不向きです。

11.絣・紬の和装

和装をする場合は、絣・紬といった普段着は選ばないようにしましょう。

【女性ゲスト】正しいドレスコード

【1】昼の場合

午前中から18時までの時間帯であれば、昼のドレスコードを心がけましょう。昼は肌の露出を控えめにして、光沢感のある素材やアクセサリーも控えます。
ドレスの露出が多めであれば、ボレロやショールを羽織って調節してください。理想は露出が控えめなアフタヌーンドレスやワンピースなど。胸元が開きすぎていない、清楚なものを選びましょう。
アクセサリーはパールやサンゴなど、こちらも光沢が控えめなものを選ぶと空間に美しくなじみます。

【2】夜の場合

18時以降は夜のドレスコードを。胸元や背中がしっかり開いたイブニングドレスがおすすめです。素材もサテンなど光沢感と重厚感があり、華やかなものを選びましょう。アクセサリーもきらめきの強いものが似合います。ラメやスパンコールなどもおすすめです。

もちろんワンピースでもOK!ドレッシーなテイストのものを選び、パンツスーツでスタイリッシュに決めるのもアリです。ただし、スカートの方がパンツよりも格上。できればスカートで行くのをおすすめします。アクセサリーは輝きが強い華やかなものを選ぶといいでしょう。

【3】鞄の選び方

小さいパーティーバッグを用意しましょう。昼は光沢感が控えめの布製のバッグを、夜ならスパンコールなどをあしらった光沢感のあるバッグを持っていくとその場にマッチします。
カメラなどがパーティーバッグに入らない場合は、光沢感のある素材の布製バッグを持っていきましょう。紙袋で持っていく人もいますが、さりげないサブバッグの方がベターです。

【男性ゲスト】結婚式でNGな服装

1.黒一色のコーディネート

女性同様、男性であっても黒一色のコーディネートは不祝儀をイメージさせるので避けましょう。ネクタイやカフス、シャツなどで差し色を入れて、華やかなコーディネートを心掛けてください。

2.柄の服

シンプルな柄であれば問題ありませんが、基本的には無地がフォーマル。特にアニマル柄のものは殺生をイメージさせるのでNGです!

3.ニット素材

ニットのベストなど、ニット素材の服はカジュアルすぎるので結婚式にふさわしくありません。

4.白い靴下

白い靴下ではなく、黒い靴下の方がフォーマルな場にふさわしいとされています。

5.着流しの和装

和装の場合は、必ず袴をつけてください。袴をつけない着流しスタイルの和装はカジュアルすぎるので、結婚式ではNGです。

6.ジーンズ

どれだけおしゃれで高価なジーンズであっても、結婚式にはカジュアルすぎます。

【男性ゲスト】正しいドレスコード

【1】ブラックスーツ

ブラックスーツはシングルかダブルのものを選びましょう。一口に黒といっても物によって色合いが異なるため、必ずジャケットとパンツはセットで購入するようにしてください。ポケットチーフは綿か麻、あるいはシルクの白無地かシルバーグレーを選ぶのが基本です。カジュアルな式であれば、差し色を入れるのもOK!

シャツも白無地のレギュラーカラーかウイングカラーがスタンダード。ベストを合わせる時は、一番正装感があるシルバーグレーを選びましょう。あるいはなじみがいいパステルカラーか、ジャケットと同じ色を選びます。靴は黒のストレートチップが基本です。

【2】ダークスーツ

ブラックではなく、チャコールグレーやダークグレー、ネイビーなどの無地のダークスーツを着用する場合は、カラーシャツでも大丈夫。白の方がフォーマルな印象になりますが、地味になりすぎる可能性があるので、少し色が入っているとこなれた印象になります。

ネクタイはホワイトかシルバーグレーが映えます。二次会にも行く場合は、華やかなピンクやブルーなどのネクタイを選ぶのもおすすめ。パーティーらしい雰囲気になります。ポケットチーフを入れてビジネスっぽさを解消するのが着こなすコツです。
また、アクセサリーやカフス、ネクタイピンなどで遊び心を出して華やかなコーディネートに仕上げましょう。靴はストレートチップかプレーントゥがおすすめです。

また、ブラックスーツでもダークスーツでも、スーツのボタンは2つボタンであれば下のボタンを外しておくのを忘れずに。3つボタンの場合は上2つだけを留めておきます。
襟がかえってボタンが見えないタイプの「段返り」であれば真ん中だけ留めましょう。座っている時はボタンを外してもOKですが、立った時はきちんとボタンを留めておくのがマナーです。

【3】ジャケット・シャツのサイズ

ジャケットやシャツのサイズが合っていないと、それだけでだらしなく見えてしまいます。反対に、サイズがビシッと合っている人はかっこよく見えるもの。
サイズを確認する時は鏡の前に立って、両腕を体の横にぴったり沿わせます。ジャケットの袖口からシャツの裾がほんの少しでていればOK!シャツが見えなければシャツが小さすぎます。

そして、ジャケットの袖が手の甲までかかっていたらジャケットが大きすぎなので、サイズを変更しましょう。特にジャケットは肩幅に合ったジャストサイズのものを選んでルックスを格上げしましょう。ズボンの丈も合わせてチェックを。

このように、結婚式の服装は普段と違う分気を付けるポイントがたくさんあります。「自分は大丈夫」と過信せずに、ひとつずつチェックしてから結婚式に参加しましょうね。

関連記事はこちら