国際カップルも、そうでない人も!プロポーズに使える英語表現10選

外国映画のようなドラマチックなプロポーズに憧れている女性は多いのではないでしょうか。日本人は外国人に比べてシャイですが、プロポーズぐらいは大胆に愛の言葉を囁いてほしいもの。そこで、今回はプロポーズに使いたいロマンチックな英語表現を10個ご紹介!愛を誓うにふさわしい、理想のプロポーズ言葉を見つけてください。

(2017年08月29日)

カテゴリ
TIPS&トリビア
タグ

外国映画のようなドラマチックなプロポーズに憧れている女性は多いのではないでしょうか。日本人は外国人に比べてシャイですが、プロポーズぐらいは大胆に愛の言葉を囁いてほしいもの。日本語だと恥ずかしい言葉も、英語にすれば意外とサラッと言えるかもしれません。

また、口に出さなくてもメッセージカードなどで渡してくれたらうれしいですよね。そこで、今回はプロポーズに使いたいロマンチックな英語表現を10個ご紹介!愛を誓うにふさわしい、理想のプロポーズ言葉を見つけてください。

【1】「Will you marry me?」(僕と結婚してくれる?)

英語の中でも王道のプロポーズ言葉。シンプル・イズ・ザ・ベストなセリフで、どんな女性であっても喜んでくれる鉄板のセリフです。ほかにも「Will you be my wife? (僕の妻になってくれる?)」というように違う単語に置き換えて使うことができるので、使いやすいセリフ。どんなシーンでもナチュラルに使うことができます。

【2】「My love for you is eternal.」(生涯、あなたを愛します)

eternalは「永遠の」という意味。まさに一生の愛を誓う言葉です。Foreverも近い意味で使われますが、より洗練された印象を与える単語なのでスマートなプロポーズにピッタリ。

花束に添えるカードの最後にこの一言を書いておくだけで、一気にロマンチックな雰囲気になります。「生涯共に歩んでいこう」という真摯な気持ちが伝わるまっすぐな言葉ですね。

【3】「Let’s continue to live together. 」(いっしょに生きていこう!)

さきほどの「My love for you is eternal.」をもっとラフに明るく表現した言葉です。深い愛情の中にも友情が感じられるあたたかみのあるセリフで、仲の良いカップルにピッタリの言葉。英語であってもキザな印象を与えず、カジュアルに言えるのがうれしいポイントです。

プロポーズをして無事成功した後の乾杯シーンで明るく言うのも素敵です。まるで海外ドラマのように華やかな瞬間を彩れます。

【4】「My heart is yours forever.」(僕の心は永遠に君のもの)

とびきりスイートな言葉を捧げたい夜にピッタリの言葉。ただ、なかなか日本語では言わないような情熱的な言葉なので、これだけではプロポーズだとわからないかもしれません。そのため、プロポーズの前後に使ってムードを盛り上げるために活用するがおすすめです。

まさに英語でなければ言えないような愛の言葉!ちょっと冗談めかして言ってもじゅうぶん気持ちが伝わり、彼女を笑顔にすることでしょう。

【5】「Let’s write our own happy ending.」(自分たちのハッピーエンドをいっしょに描こう!)

ちょっと文学的で、ひとひねり加えているオシャレなプロポーズの言葉です。直接言葉にすると伝わりにくいかもしれないので、メッセージカードの最後に書くとロマンチックで印象残ることでしょう。

また、このフレーズを一生懸命考えたであろう背景も自然と伝わるので、男性の愛情深さがたった一言で伝わる言葉でもあります。遊び心のあるセリフなのもいいですね。

【6】「I promise I’ll make you happy.」(君を幸せにすると誓うよ)

これは日本語でも使われる定番フレーズです。「日本語で言うのはちょっとわざとらしくて抵抗がある」という方は、英語でメッセージカードにしたためてはどうでしょうか。
日本語でも使われるフレーズだからこそ、背伸びしている印象を与えず、素直な気持ちをストレートに伝えることができます。

【7】「There are many ways to be happy in this life, but all I really need is you.」(幸せな人生を叶える方法はたくさんある。でも、僕に必要なのは君だよ)

ちょっと長いセリフですが、その分かなりロマンチック!「君が必要だ」というスペシャル感たっぷりで、女性が感動すること間違いなしの情熱的なプロポーズ言葉です。
オシャレな言葉ですが、愛情がストレートに伝わります。長いので、これも文章で伝えた方が無難ですね。

【8】「Tired of being a lover, I will get married.」(恋人は飽きちゃったから、結婚しよう)

ちょっとツンデレ要素があって、恥ずかしがりやの男性でも使いやすいプロポーズの言葉。女性からしても、男性の照れている様子が伝わってきて微笑ましく感じられます。おちゃめな言い方がかわいくて憎めないプロポーズ言葉だからこそ、直接言っても大丈夫!あるいはカードにしたためて、黙って渡すのもかわいいかもしれません。

【9】「Why do not you become my family?」(僕の家族になってくれる?)

これもラフな言い方で使いやすいプロポーズ言葉です。相手の希望をきちんと聞くスタイルなので、女性の意思を尊重している様子も伝わってきます。疑問形だからこそ、不安そうにではなく、にっこり笑顔で聞くと素敵です。

【10】「Usually and forever I love you.」(いつも、いつまでも愛してるよ)

深い深い愛情を伝える、シンプルな愛の言葉。単語もわかりやすいので、口頭で伝えてもしっかり意味が伝わります。ただ、単なる愛情表現だと受け止められる可能背もあるので、プロポーズの最後に添えるといいでしょう。

愛の言葉を口頭で伝えるのには抵抗があっても、文章であればチャレンジしやすいはず。英語であれば言えそうなフレーズもいくつかあったのではないでしょうか。女性は男性よりも「言葉で愛を伝えてほしい」生き物です。ふだんは恥ずかしくて言えない分、プロポーズの時だけは愛の言葉を英語でラッピングして、プレゼントしてはいかがでしょうか?