• 婚約指輪のお返しがある!? それって常識?

    皆さんは、婚約指輪をもらったお返しを贈るマナーがあるのをご存知ですか? 婚約指輪は単なる贈答品とは違い、「結婚の約束」の意味が込められていることから、「お返しなんていらない」と思われる男性も多いのではないでしょうか。しかし、一般的には、婚約指輪をもらった女性側は、お返しとして婚約指輪の半額程度のものをお返しすることがあります。実際、多くの女性が男性へお返しを贈っているようですが、実際、どのような物品が多く贈られているのか、ちょっと気になりますよね。そこで、婚約指輪のお返しの習慣や、費用相場、具体的なお返しの内容もあわせて見てみましょう!

    婚約指輪の「半返し」

    結婚の約束を交わした記念として、男性から女性へ贈る婚約指輪。そのお返しとして女性が男性へ、半額程度の品を贈る習慣があります。一般的に、祝儀などで受け取った金品の半額程度をお返しすることを「半返し」といいます。婚約指輪でも、この半返しの習慣があります。しかし、この婚約指輪のお返しは、必ずしも贈らなければならないというものではないようです。ただ、このような習慣があることは覚えておいて損はないでしょう。

    多くの女性たちは、高価な婚約指輪をもらった手前、やはり感謝の意味を込めて、何かしらお返しをしたいと感じるようです。一般的に、婚約指輪の平均金額は20万円~40万円程度だといわれています。すると、半返しは10万円~20万円程度が相場になります。

    世の中の男性は、何をお返しされている?

    婚約指輪を贈った、世の中の多くの男性たちは、どのような品を半返しとして受け取っているのでしょうか? 定番の品は「時計」だといわれています。時計は指輪同様、いつも肌身離さず身に付けるものですし、仕事にも欠かせない、日常生活で大活躍する品です。女性としては、やはりいつも相手が身に付けてくれるもの、役に立つものを贈りたいという気持ちが大きいようですね。

    また、他にも「スーツ」や「財布」、「ネクタイ」、「タイピン」、「手帳」など、仕事で大活躍の品々が多く贈られているようですよ。最近では「パソコン」などのデジタル関連のグッズも多いようです。

    特に仕事で使えるものに限らず、趣味の「自転車」や「釣り道具」など個性的な半返しの例もあります。自分がもっとも喜ぶものを、と思って彼女がチョイスしてくれたものなら、どのようなものでも嬉しいですよね。

    もし半返しをもらったら、一生大事に扱って愛用したいものですね!