• 彼女の指には、どんな婚約指輪が合う? ~指や手の大きさから選ぶ方法~

    将来結婚を約束している大切な相手に贈る婚約指輪というと、お値段もデザインも贅沢なもので、彼女の好むブランドやデザインで、彼女の雰囲気に合うもの、彼女の指のサイズに合うものを選ぶというのが一般的です。しかし、この婚約指輪、実は他にも選ぶ基準があるのです。できるだけ彼女にふさわしい指輪を贈るために、たくさんの基準を考慮して選びたいものですよね。

    そこで今回は、婚約指輪を選ぶ基準のうち、指の長さや太さ、手の大きさなどから彼女の魅力を存分に引き出せる指輪を選ぶ方法をご紹介します。

    婚約指輪の選び方 ~指の長さ×太さで選ぶ

    指は長い人もいれば比較的短い人もいます。また、「太い・細い」の違いも人それぞれです。

    一般的に、指がふっくらとして可愛らしく短い指の場合には、指が長く見えるデザインの指輪がいいでしょう。指をすっきりと長く見せるためには、V字やU字、S字型など、指輪のアームに動きのあるものが効果的だといわれています。反対に、幅が広く、まっすぐで寸胴の指輪は、指とのバランスが悪くなるため、なるべく避けたほうがいいでしょう。

    また、反対に長い指の場合には、意外とボリュームのある指輪のほうが映えるといわれています。アームに彫刻を施したものなど、デザインがしっかりしたものもおすすめです。華奢で幅の細い指輪は、指輪が負けてしまい、指の長所をアピールしにくいので、避けたほうがいいでしょう。

    指がすらりと細くて長い指には、何でも合うといわれていますが、ボリュームがありすぎる指輪は、逆に貧弱に見えてしまうので気をつけましょう。

    婚約指輪の選び方~手の大きさで選ぶ

    指の大きさのほかにも、「手が大きい、小さい」という基準もあります。

    一般的に、大きい手にふさわしい指輪は、よりボリュームがあるものだといわれています。華奢で地味な指輪は、手の大きさとのバランスをとりにくいため、避けたほうがいいでしょう。デザインのしっかりした、より華やかな婚約指輪のほうが、大きな手をのびのびと美しく見せてくれるといわれています。

    一方、比較的に小さい手の場合は、より指や手を縦長に見せるデザインがいいといわれています。V字やウェーブのきいた、アームに変化のあるデザインは、指を長く見せる効果があるのでおすすめです。

    手や指のことを気にしだすと、欠点ばかりが目についてしまうこともありますが、その欠点をカバーし、かつ、彼女の魅力を引き出してくれるような婚約指輪を選びたいものです。

    ジュエリーショップなどで、プロによるアドバイスも参考にしながら、選んであげるといいでしょう。