• 結婚後の生活も考えた婚約指輪選びのすすめ

    婚約指輪は、相手の女性へ結婚を申し込む際に渡すものですが、結婚後は夫婦同士がペアの結婚指輪をつけて生活するのが通例です。ですから、婚約指輪は婚約期間だけのもので、結婚後は机の引き出しの中にしまわれて使われることがないというケースが多いようです。

    しかし、婚約指輪そのものは華やかで、あまり目立たない結婚指輪と比べてオシャレなものです。実際、結婚後も婚約指輪を有効活用している女性も少なくないようです。せっかくあげるのですから、結婚後も長く使ってほしいですよね。

    そこで、結婚後も長く使ってもらえるような婚約指輪選びのコツをご紹介します。

    結婚後、婚約指輪はどう使われる?

    一般的に、結婚後、女性たちは婚約指輪を友人の結婚式やパーティなどのフォーマルな場面や、少しオシャレをして出かけるといった場面で使用することが多いようです。日常的なシーンでは結婚指輪をつけているけれど、ドレスアップするシーンでは婚約指輪、と使い分けている女性が多いといわれています。

    また、結婚指輪を外さずに、婚約指輪を重ねづけするというパターンもあります。これは婚約指輪そのものが、重ねづけしてもおかしくないようなデザインである必要はありますが、違和感がない場合、日常的に婚約指輪と結婚指輪をダブルでつけているという人もいるようです。

    このような使われ方が多いことから、婚約指輪は、フォーマルなシーンで使いやすいもの、結婚指輪と重ねづけしやすいものなどをあらかじめ選ぶというのがコツといえそうです。

    ちなみに、結婚後も働き続ける場合、なかなか華やかな婚約指輪をしながら仕事をするのはむずかしいものです。そこで、婚約指輪をペンダントにして、仕事中でも身につけているという人もいるようです。そこまで気に入ってもらえるのは、やはり嬉しいものですよね!

    結婚記念日などに再度つけてもらうと、愛情が深まる

    結婚指輪は普段ずっとつけているものですが、婚約指輪はときどきしかお目見えすることがありません。この婚約指輪の特徴は、結婚記念日などで良い効果を生みます。結婚後も、二人にとって大事な記念日などに、奥さんに改めて婚約指輪をつけてもらうことで、結婚を決めた当時の新鮮な二人が自然と思いだされることでしょう。愛情がさらに深まることは間違いありません。

    結婚してからも、婚約指輪を末永く奥さんに使ってもらえるように、ベストなものを贈りたいものですね。