• Q ダイヤモンドの「4C」って? ダイヤモンド選びのポイントは?

    「4C」をチェックすることで、品物と価格が適正であるかどうかを判断できます。

    「CARAT」、「CLARITY」、「COLOR」、「CUT」の頭文字をとって、「4C」と呼ばれています。これは宝飾用ダイヤモンドの品質を評価する国際基準で、ダイヤの鑑定書にはこの4Cの評価が記載されています。「CARAT」は重さの単位。1カラット(1ct)は0.2g。重くなるほどダイヤの直径も大きくなるので、カラット数が高いほど大粒になります。「CLARITY」は透明度を表す基準です。原石に含まれる不純物や傷、欠けが少ないほど透明度が高くなり、グレードが上がります。

    「COLOR」はダイヤの色合いのこと。無色透明から薄い黄色まで、23段階のランクで評価され、無色透明であるほど高ランクです。「CUT」はダイヤ表面の研磨と形のバランスの美しさを評価する基準。上記3つの要素はダイヤモンドが生まれつき持っている性質ですが、この「CUT」だけが人間の手によって加えられる要素です。これによってダイヤモンドの輝きが決まります。

    複数のジュエリーショップで商品を比較する際に、この4Cをチェックすることで品物と価格が適正であるかどうかを判断できます。実際のダイヤモンド選びで重視したいのは、「CUT」と「CARAT」の2つ。それ以外の要素は、素人には違いがあまりわかりません。見た目を重視したダイヤモンドを選んでおけば、間違いないでしょう。