• プロポーズのときになくてはだめ?男性の5大悩みに答えます

    更新日:

    岡村奈奈
    岡村奈奈

    プロポーズのときになくてはだめ?男性の5大悩みに答えます クリスマスイルミネーションが煌めくこの季節、恋人へのプレゼントに頭を悩ませている人も多いはず。とくに、プロポーズを考えている男性は「婚約指輪」という初めての大きなお買い物のプレッシャーにドキドキしていることでしょう。この時期になると毎年必ず電車やカフェでこの手の男の子同士の会話に遭遇します。割って入ることもできませんから、彼らが攻略本を探し始めると心の中で叫ぶのです。「マニュアル」ではなく、それぞれの大切な人の性格や希望に心を傾けてみて!と。

    指輪のプレゼントってそもそも必須?

    そもそも、指輪をプロポーズの言葉とともにプレゼントするのは「必須」なのか?!……答えはノーです。しかし、心情的なことを言えば「期待」している女性が多いのも現実でしょう。ただ、以前の記事(「自分で選びたいって言ってもいい?婚約指輪を贈られる女性のホンネ」)でも触れたように「一緒に」選びたいという女性はとても多いので、彼女の本心をこれまでのふたりの歴史から探してみるといいでしょう。プロポーズの際のリングケースを「パカっ」と開くという壮大なチャレンジに挑まれる男性を応援するべく、よく聞かれる"5大悩み"を答えと一緒にご紹介します。

    婚約指輪にまつわる男性の5大悩み 一覧

    • 彼女のサイズがわからない
    • 彼女の好みがわからない
    • 渡し方がわからない
    • 男性一人で来店していい?
    • 買った日に持ち帰れる?

    彼女のサイズがわからない

    これはもっとも難しい問題ですよね。女性が眠っている間に糸を巻きつけて測るというのはよく聞きますが、実際本当に正確なサイズを事前に調べるのはとても難しいです。眠っているあいだも含めて、この時期たいてい男性は不審な動きになると言いますから、本当に悟られたくないならご注意を。購入前にはアフターサービスでサイズ調整ができるかどうかを必ず確認してください。もし入らなかったら困るからと親指でも余るくらいのビッグサイズを用意したという話もありますが、どうしても見当がつかない場合には「ジュエリーショップに連れて行く」というサプライズも素敵だと思いますよ。

    彼女の好みがわからない

    どんなに親しくても、婚約指輪の好みまでバッチリわかるということはなかなかないでしょうね。普段からブライダル雑誌などで「こんなのが欲しい」と言っているとしても要注意。こだわりが強いほど定番のような「それっぽいもの」では物足りなかったりしますから。憧れのブランドがあるとか、どんなシーンで着けたいとか、それも全くわからない場合には「好きだろう」「こうだろう」という押しつけではなく「自分の婚約者にはこんなものを着けてほしい」という贈り方もアリ。わかったふりをしないほうが結果、喜ばれると思いますね。

    渡し方がわからない

    クリスマスや記念日などの食後ならば、レストランに予め言っておくといいですね。ウエディングパーティーを行なっているようなレストランやホテルのラウンジなら、アイデアを出してくれ協力してくれるから心強いでしょう。自宅やテーマパークの場合には「隠し場所」がないのでサプライズ上級者向け。彼女が想定外のタイミングで動いたりしても動揺しないようイメージトレーニングを入念に。

    男性1人で来店していい?

    ジュエリーショップに男性が1人で来店するのは思いのほかハードルが高いようですね。担当のコンシェルジュ(店員)がついてくれるので、1人のほうが話を詳しく聞いてもらえて、アドバイスにも期待できると思います。彼女の雰囲気のある写真(普段の印象を表す顔写真、服装がわかるもの、手が写っているものなど)があるといいでしょう。珍しいことではないので心配無用ですが、どうしても行きづらいという場合には、兄弟姉妹や口が堅い同性のお友達に同行してもらいましょう。

    買った日に持ち帰れる?

    ファッションリングと一番の違いと言えば、オーダーで時間がかかるということ。とくにクリスマス前の時期は受取りまで2カ月くらいかかるというのも珍しいことではないようです。デザインそのものが凝っているとかそうでないということに限らないので、贈る日にちを決めているなら要注意。「クリスマスに渡そうと思ったのに間に合わない!」なんていう男性は正直に言ってがっかりさせるのではなく「一緒に選びに行こう」というサプライズにしたり、指輪以外のプレゼント(花束や婚姻届、自分の苗字の印鑑など?!)を用意したりしてもいいでしょう。

    心のこもったプロポーズが大切!

    今どきの女性は「結婚しよう」などのストレートな言葉の支持率高し。サプライズすることに夢中になり過ぎないで、そこに至った気持ちを新鮮に保って、心のこもったプロポーズをしてください。頑張って!!

    岡村 奈奈(おかむら なな)/
    ウエディングプランナー

    岡村 奈奈(おかむら なな)

    音大卒業後、専門式場などの婚礼施設勤務を経て2005年にフリーに転向。女性誌やテレビ出演などでも注目される。ウエディングプロデュースでは、オーソドックスなスタイルから、アウトドアや音楽ホール等でのユニークなパーティ、伝統的な和婚までオールマイティに対応するトッププランナーのひとり。